きゅっと

精選版 日本国語大辞典 「きゅっと」の意味・読み・例文・類語

きゅっ‐と

〘副〙
① 強く、また一息に、こすったり、締めたり、押えつけたり、握ったりするさまを表わす語。
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉一「弛むだ空色繻子の帯をきゅっと手ばしこく締直し」
俊寛(1921)〈菊池寛〉三「胸がきゅっとこみ上げて来るやうに感じた」
② 酒などを、一息にぐっと飲むさまを表わす語。
浄瑠璃妹背山婦女庭訓(1771)四「おいらはよほど酔うて居る〈略〉この石できゅっとやらんせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「きゅっと」の意味・読み・例文・類語

きゅっ‐と

[副]
強く締めたり、こすったり、また握ったりするさま。「きゅっと口を結ぶ」「指でガラスきゅっとこする」「胸がきゅっとしめつけられる」
酒などを一息に飲むさま。「コップできゅっとやる」
[類語]がちっとがっちりしっかりがっしり固いきついぎゅっとかっちりしかひしと堅固頑丈堅牢頑強強固牢固ぎゅうきゅうきゅうぎゅうぎゅうぴたりむずとむんずと力ずく腕ずく力任せぐっとぐんとぐいとぐいぐいぐんぐんどんどん乱暴粗暴手荒手荒い荒っぽい荒荒しい力を込める

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android