きゅっと

精選版 日本国語大辞典「きゅっと」の解説

きゅっ‐と

① 強く、また一息に、こすったり、締めたり、押えつけたり、握ったりするさまを表わす語。
※黒い眼と茶色の目(1914)〈徳富蘆花〉一「弛むだ空色繻子の帯をきゅっと手ばしこく締直し」
俊寛(1921)〈菊池寛〉三「胸がきゅっとこみ上げて来るやうに感じた」
② 酒などを、一息にぐっと飲むさまを表わす語。
浄瑠璃妹背山婦女庭訓(1771)四「おいらはよほど酔うて居る〈〉このできゅっとやらんせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「きゅっと」の解説

きゅっ‐と

[副]
強く締めたり、こすったり、また握ったりするさま。「きゅっと口を結ぶ」「ガラスきゅっとこする」「胸がきゅっとしめつけられる」
酒などを一息に飲むさま。「コップできゅっとやる」
[類語]がちっとがっちりしっかりがっしり固いきついぎゅっとかっちりしかひしと堅固頑丈堅牢頑強強固牢固ぎゅうきゅうきゅうぎゅうぎゅうぴたり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android