コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぎんなん(銀杏)(読み)ぎんなん

世界大百科事典 第2版の解説

ぎんなん【ぎんなん(銀杏)】

〈ぎんあん〉の転訛した語で,近世にはイチョウそのものをもいったが,今はイチョウの種子を指す。食用部位は,白く堅い内種皮の中にある黄緑色の胚乳で,おもな成分は糖質34.5%,タンパク質4.7%,脂質1.7%など,ほかにカロチンビタミンCを比較的多く含んでいる。内種皮のままいったり,割ってから加熱して食べる。酒のさかな,茶わん蒸し,ほうろく焼き,なべ物のあしらいなどに用い,独特の風味と歯ざわりが喜ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のぎんなん(銀杏)の言及

【イチョウ】より

…これはビロボールbilobolやイチョウ酸ginkgolic acidを含むためで,皮膚の傷口から入るとかぶれをおこす。種子を土中に埋め,外層を腐らせ,堅い種皮中層が露出したものがぎんなん(イラスト)で,多量のデンプン,少量のタンパク質と油脂を含有し,酒のつまみや茶わん蒸しの具に好適である。また漢方では白果(はくか)と呼ばれ,薬用とされる。…

※「ぎんなん(銀杏)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android