すっきり(読み)スッキリ

デジタル大辞泉の解説

すっきり

[副](スル)
わだかまりがなく、気持ちのよいさま。また、よけいなものがないさま。さっぱり。「すっきり(と)した文章」「頭がすっきりする」「気分がすっきりする」
服装・姿勢などが洗練されていて、人に好感を与えるさま。「和服をすっきり(と)着こなす」
残るものが何もないさま。すっかり。全部。
「身代を―助六に入り上げる」〈伎・助六
(あとに打消しの語を伴って用いる)ちっとも。まったく。全然。
「―通はぬ事となりて二世の約束あだとなり行く」〈浮・敗毒散・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すっきり

( 副 ) スル
(多く「と」を伴って)
よけいなものがなく、あかぬけしているさま。 「 -(と)したデザイン」 「 -(と)した文章」
わずらわしいことがなくて、気持ちのよいさま。さっぱり。 「腐れ縁を切って-(と)した」 「病気が-(と)なおる」 「頭が-する」
筋が通っているさま。わかりやすいさま。はっきり。 「どうも-しない話だ」
味がさわやかであるさま。 「 -した味の飲み物」
すっかり。全部。 「身代を-助六に入りあげる/歌舞伎・助六」
(下に打ち消しを伴って)さっぱり。少しも。 「さつき来た芸者とやらは何だか-面白うもない/洒落本・南閨雑話」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すっきり

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 物事のすべてにわたっていて、少しも残るところのないさまを表わす語。すっかり。
※俳諧・伊勢山田俳諧集(1650)長抜書「さても上手のかけるかけ物 すっきりと眼のほしのちり薬」
※浄瑠璃・冥途の飛脚(1711頃)中「なふすっきりわしが聞ました。みな嶋八さまのがお道理じゃ」
② 言動、気持、態度に滞るものがなく、快いさまを表わす語。未練がなく、きっぱりしたさま。また、ものが見た目にさっぱりとしたさまを表わす語。さっぱりと。きちんと。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)二「清平はよいすっきりとした者を用也」
※玄武朱雀(1898)〈泉鏡花〉九「すっきりした曇のない晴々しい顔が」
③ (下に打消を伴って) その事すべてにわたって否定するさまを表わす語。とんと。さっぱり。
※歌謡・松の葉(1703)四・丹前清玄「夜となく昼となく無食素腹で祈れども、すっきりばったり験もなし」
※咄本・蝶夫婦(1777)座敷上留理「何がありがたくて礼をいふのか、すっきりがてんがいぎましないと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すっきりの関連情報