コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清清 スガスガ

デジタル大辞泉の解説

すが‐すが【清】

[副]
気分がすっきりして晴れやかなさま。
「心がすっかり新しく―とおなりなすったので」〈木下尚江良人の自白
ためらいがないさま。さっぱり。
「いとうしろめたう思ひ聞こえ給ひて、―ともえ参らせたてまつり給はぬなりけり」〈桐壺
滞りないさま。すらすら。
「ぬまじりといふ所も―と過ぎて」〈更級

せい‐せい【清清/晴晴】

[副](スル)
苦痛や煩わしさがなくなって、気持ちが晴れるさま。「試験が終わって―(と)した」
すがすがしく感じるさま。
「高い山の見晴はまた別だね。実に―するよ」〈蘆花不如帰
[形動タリ]に同じ。
「夢にとわたる横田川、―たる流れ水の」〈浮・御前義経記・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すがすが【清清】

( 副 ) スル
気分がすっきりするさま。 「素肌の儘でゐる方がよつ程-します/一隅より 晶子
とどこおりないさま。すらすら。 「ぬまじりといふ所も-と過ぎて/更級」
思い切りよく。あっさり。 「 -ともえ参らせ奉り給はぬなりけり/源氏 桐壺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

清清の関連キーワード瀬奈じゅん清然

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android