清清(読み)スガスガ

デジタル大辞泉の解説

すが‐すが【清】

[副]
気分がすっきりして晴れやかなさま。
「心がすっかり新しく―とおなりなすったので」〈木下尚江良人の自白
ためらいがないさま。さっぱり。
「いとうしろめたう思ひ聞こえ給ひて、―ともえ参らせたてまつり給はぬなりけり」〈桐壺
滞りないさま。すらすら。
「ぬまじりといふ所も―と過ぎて」〈更級

せい‐せい【清清/晴晴】

[副](スル)
苦痛や煩わしさがなくなって、気持ちが晴れるさま。「試験が終わって―(と)した」
すがすがしく感じるさま。
「高い山の見晴はまた別だね。実に―するよ」〈蘆花不如帰
[形動タリ]に同じ。
「夢にとわたる横田川、―たる流れ水の」〈浮・御前義経記・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すがすが【清清】

( 副 ) スル
気分がすっきりするさま。 「素肌の儘でゐる方がよつ程-します/一隅より 晶子
とどこおりないさま。すらすら。 「ぬまじりといふ所も-と過ぎて/更級」
思い切りよく。あっさり。 「 -ともえ参らせ奉り給はぬなりけり/源氏 桐壺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すが‐すが【清清】

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 抵抗や障害もなく思い立つさま、みれんやためらいを持たないさま、思いきりのよいさまを表わす語。
源氏(1001‐14頃)桐壺「いとうしろめたう思ひ聞え給ひて、すがすがとも、え参らせたてまつり給はぬなりけり」
② 物事の進行が、さわやかに滞ることのないさまを表わす語。すらすら。
※更級日記(1059頃)「ぬまじりといふ所もすがすがと過ぎて」
③ 気分がすっきりとしてさわやかなさまを表わす語。
※非凡なる凡人(1903)〈国木田独歩〉下「僕は急に胸がすがすがして、桂と共に美味く食事をして」

すがすが‐し・い【清清】

〘形口〙 すがすがし 〘形シク〙
① さわやかで気持がよい。さっぱりとしている。
※古事記(712)上「爾に須賀(すが)の地に到り坐して詔りたまひしく、『吾此地に来て、我が御心須賀須賀斯(スガスガシ)』とのりたまひて」
※成尋母集(1073頃)「身の有様の、若くより、殊にすがすがしからず」
② みれんやためらいなしに思い立つさま。抵抗や障害を感じないさま。思いきりがよい。
※源氏(1001‐14頃)帚木「殿上なども、思う給へかけながら、すかすかしうは、えまじらひ侍らざめると申す」
③ 物事の進行がすらすらと滞ることのないさまである。
※源氏(1001‐14頃)真木柱「まかでさせ給へと聞こえさせ給ひしかば、こよひは余りすがすがしうやと聞こえたるを」
すがすがし‐げ
〘形動〙
すがすがし‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android