コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洒落る シャレル

2件 の用語解説(洒落るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゃ・れる【×落る】

[動ラ下一]《動詞「しゃ(曝)る」の意からの派生という。「洒落」は当て字》
服装や髪形などに気を使って身を飾る。おしゃれをする。「―・れて新年会に出かける」
気がきいている。あか抜けしている。「―・れた店を出す」「この柄はなかなか―・れている」
しゃれを言う。「―・れたつもりが通じなかった」
生意気である。差し出がましいことをする。「―・れたまねをしやがる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゃれる【洒落る】

( 動下一 )
着飾ったり化粧をしたりして、美しく装う。おしゃれをする。 「今日は-・れて行こう」
服装などが当世風で気がきいている。あかぬけしている。 「 - ・れたデザイン」 「 - ・れた門構えの家」
しゃれを言う。冗談を言う。 「きわどいところで-・れて見せる」 「おつう-・れるぜ先生へ沙汰なしによ/西洋道中膝栗毛 魯文
(「しゃれた」の形で)物事に通じているようなそぶりをして生意気である。きいたふうをする。 「 - ・れたまねをするな」 「 - ・れたことを言うじゃないか」
気のきいたことをする。多く、遊興・飲食することをいう。 「又百足屋と-・れやせうか/洒落本・船頭部屋」 〔「しゃれ」は「曝る」の連用形からともいう〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洒落るの関連キーワード仰せられる曝る揺られるいらせら・れる魘われるさしゃ・るさ・れるそび・れる寝れる霙れる

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洒落るの関連情報