洒落る(読み)シャレル

デジタル大辞泉「洒落る」の解説

しゃ・れる【×落る】

[動ラ下一]《動詞「しゃ(曝)る」のからの派生という。「洒落」は当て字
服装髪形などに気を使って身を飾る。おしゃれをする。「―・れて新年会に出かける」
気がきいている。あか抜けしている。「―・れた店を出す」「この柄はなかなか―・れている」
しゃれを言う。「―・れたつもりが通じなかった」
生意気である。差し出がましいことをする。「―・れたまねをしやがる」
[類語](1着飾るよそおめかすよそめかし込む扮する洒落込む着込むおめかしドレスアップ/(2勿体ぶる澄ます格式ばる気取る瀟洒しょうしゃ清楚楚楚垢抜け灰汁あく抜け洗練気さくこざっぱりすっきりさらり小洒落た垢抜けるさばけるスマートシック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android