ぼそっと

精選版 日本国語大辞典「ぼそっと」の解説

ぼそっ‐と

① =ぼそりと
※偽原始人(1976)〈井上ひさし〉大監禁「『銀行へ押し入ったわけでないからまあよかった』と、ぼそっとひとこといっただけだった」
② =ぼそりと
※続女ひと(1956)〈室生犀星〉悲願ノ人「通りに出てよくぼそっとした顔付で眺めてゐるのも」
③ =ぼそりと
※雪の下の(1969)〈古井由吉〉「火炎をひとところに集めたらそこんとこだけボソッとまるくへっこみおった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ぼそっと」の解説

ぼそっ‐と

[副]
小声でつぶやくように言うさま。「ぼそっと返事をする」
何もしないでぼんやりしているさま。ぼさっと。「ぼそっと立っている」
[類語](1ぼそぼそぽつりぽつりぼじゃぼじゃぽつりひそひそちょろりぽろりもごもごもぐもぐぽつぽつしどろもどろうだうだぐだぐだくだくだくどくどぶつぶつぶつくさぐずぐずささやくささやきつぶやくつぶやき/(2あんぐりあんごりぼんやりぼうっとぼけっとぽっとぼさっとぼさぼさぽうっときょとんぽかん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android