コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

らしい ラシイ

3件 の用語解説(らしいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

らしい[助動]

[助動][○|らしく・らしかっ|らしい|らしい|○|○]動詞・形容詞・助動詞「れる」「られる」「せる」「させる」「ない」「たい」「た」「ぬ(ん)」の終止形、体言、形容動詞の語幹、一部の副詞などに付く。
根拠や理由のある推量を表す。「台風が接近しているらしく、風雨が強まってきた」
「又からすがなくので見ると狐がきている。よほどひだるいらしい」〈桑名日記〉
伝聞や推量に基づく婉曲(えんきょく)な断定の意を表す。「冬山というのは非常に危険らしい」「隣の子はよく勉強するらしい
(多くは体言に付いて)ぴったりした状態、よく似た状態にある意を表す。いかにも…のようである。まさに…と見うけられる。「名探偵らしい見事な推理だ」
「どうやら実説らしくもあり、又嘘らしい所もあるてな」〈滑・浮世風呂・四〉
[補説]近世になって、古語の「らし」と、活用があって形容詞を作る接尾語「らしい」との類推から生まれたといわれる。連用形は、「ございます」「存じます」に続くときに「らしゅう」となる。仮定形として「らしけれ」が考えられるが、代わりに「ようなら」を使うことが多い。なお、近世以降、同源の文語形推量の助動詞としての「らし」も用いられた。「このころとられたらしき中間が封じ文出して」〈浮・好色盛衰記〉また、3は接尾語との区別のつかない場合もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

らしい

( 助動 ) ( ○ ・らしく(らしかつ) ・らしい ・らしい ・○ ・○ )
〔近世文語において用いられた推量の助動詞「らし」の口語形から〕
推量の助動詞。名詞や形容動詞の語幹、および動詞・形容詞の終止形に付く。また、助動詞「れる・られる」「せる・させる」「ない」「たい」「ぬ」「た」などにも付く。さらに、一部の副詞や一部の助詞にも付く。
なんらかの根拠や理由のある推量を表す。…と推定される。 「この空模様では雪にでもなるらしい」 「この明るさからすると、日没までにはまだ間があるらしい」 「この本は山田君のらしい
判断の結果を断定せず、婉曲に表現する。…であるようだ。…だと思われる。 「むこうから来るのは親父らしい」 「彼の家は駅から歩いてすぐらしい」 「講演会は二時かららしい
…にふさわしい様子である、…によく似た状態である、などの意を表す。 「やっと祝賀会らしいふんいきになってきた」 「どうやら外国に来たらしい気分になれた」 〔助動詞の「らしい」と形の同じものに接尾語の「らしい」がある。両者は、いちおう意味の上で区別することができる。(ア)「あれは隣の子供らしい」「あの人が問題の男らしい」(以上、助動詞の「らしい」)。(イ)「あれはいつまでも子供らしい」「彼はほんとうに男らしい」(以上、接尾語の「らしい」)。しかし、実際には、区分の分明でない場合も時には見られる〕 → らし(助動)らしい(接尾)

らしい

( 接尾 )
〔中世後期以降の語。形容詞型活用[文]シク ら・し
名詞・副詞、または形容動詞の語幹などに付いて形容詞を作る。
…としての特質をよくそなえている、いかにも…の様子である、…にふさわしい、などの意を表す。「男らしい」「子供らしい」「学者らしい」など。
…という気持ちを起こさせる、…と感じられる、などの意を表す。「ばからしい」「もっともらしい」「わざとらしい」など。 → らしい(助動)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らしいの関連キーワード愛らしい嫌らしい女子らしい鹿爪らしい人らしいらゆしかつべらし・いたらし・いみそぼらし・いらし・い

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

らしいの関連情報