コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルドステロン アルドステロン aldosterone

6件 の用語解説(アルドステロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルドステロン
アルドステロン
aldosterone

副腎皮質から分泌されるステロイドホルモンの一種で,腎臓からのナトリウム排泄を抑制する働きがある (ミネラルコルチコイド) 。アルドステロンが過剰に分泌されるとアルドステロン症が起る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アルドステロン(aldosterone)

副腎皮質ホルモンの一。コレステロールから生合成され、アンギオテンシンによって分泌が促進される。腎臓尿細管などに作用して、ナトリウム・水分の再吸収、カリウム再吸収の抑制、燐酸(りんさん)の排泄(はいせつ)などを促し、体液の浸透圧調節に関与。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アルドステロン

 C21H28O5 (mw360.45).

 ミネラルコルチコイドで,副腎皮質で作られ,腎臓に作用してナトリウムの再吸収を促進する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アルドステロン【aldosterone】

副腎皮質ホルモンの一つ。副腎皮質から分泌されるステロイドホルモンには,ナトリウムイオンNa,カリウムイオンKおよび水分代謝作用の強い鉱質コルチコイドと,糖代謝等に対する作用の強い糖質コルチコイドの2種類がある。アルドステロンは,前者に属する最も強力なホルモンであり,おもに腎臓の尿細管でのNa再吸収とそれに伴う水分吸収,およびNaと交換的なKと水素イオンHの排出を促進する。したがって,アルドステロン過剰の状態たとえば原発性アルドステロン症では,ナトリウムと水分が過剰に吸収され,貯留する結果,浮腫(むくみ,水腫),高血圧心不全ネフローゼ等をおこす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アルドステロン【aldosterone】

副腎皮質ホルモンの一。ナトリウム-イオンの貯留とカリウムイオンの排出とを促進する作用をもつ。体液中の塩分の調節、血圧の調節などを行う。 → 鉱質コルチコイド

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルドステロン
あるどすてろん
aldosterone

副腎(ふくじん)皮質から分泌されるステロイドホルモンの一つ。副腎皮質ホルモンには、主として糖質の代謝を調節する作用のある糖質コルチコイド(グルココルチコイド)と、おもに電解質や水分のバランスを調節する鉱質コルチコイド(電解質コルチコイド)の2種類があり、アルドステロンはとくに後者の作用を強く示すものの代表である。
 アルドステロンは鉱質コルチコイド受容体に結合して核内に移行した後、標的遺伝子上に結合し、その結果転写がおこりアルドステロン誘導タンパク質が生合成される。そのタンパク質は尿細管側では上皮性Na+チャネルを発現させ、血管基底膜側ではNa+, K+-ATPアーゼを活性化してNa+イオンの再吸収を促進する。
 アルドステロンの分泌は1日に0.125mgで、血漿(けっしょう)タンパクに結合する割合は低く、半減期も短い(約20分)。また、アルドステロンの通常の分泌量はかなり低い。食餌(しょくじ)中の食塩の量が減るとアルドステロンの分泌が高まる。分泌されたアルドステロンのうち1%以下が遊離型のまま尿中に排泄(はいせつ)され、5%は酸性不安定抱合型の形で尿中に排泄される。また、最大40%までのアルドステロンが肝臓で還元されてテトラヒドロ型となり、さらにグルクロン酸で抱合され、テトラヒドログルクロナイド(不活化型)として排泄される。
 アルドステロンはほかの副腎皮質ホルモン(たとえばコルチゾン)とは異なり、抗炎症剤、鎮痛剤としての効力はほとんどない。[小泉惠子]
『藤田敏郎編『アルドステロンとRAAS――高血圧・臓器障害のパラダイムシフト』(2003・エルゼビア・ジャパン) ▽伊藤貞嘉編著『二次性高血圧』(2003・メディカルレビュー社) ▽植松俊彦他編『シンプル薬理学』改訂版(2004・南江堂) ▽田中千賀子他編『NEW薬理学』(2007・南江堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアルドステロンの言及

【再吸収】より

…遠位尿細管の前半部またはヘンレ係蹄上行脚の太い部分ではNa/Cl/Kの共輸送で再吸収されており,遠位尿細管の後半部以降では低濃度の管内液中のNaをも捕捉して細胞内にとりこむ特殊なNaチャンネルが働いている。このNaチャンネルはアルドステロンというホルモンの影響をうけて数が増減するため,体内のNaの保有量や細胞外液量の増減に応じてその数が変化する。Kは遠位尿細管では再吸収と分泌の二つの機構で処理される。…

【腎臓】より

…なかでも,脳下垂体後葉ホルモンは,尿細管での水の再吸収を増加して尿量を減少させる。副腎皮質ホルモンのアルドステロンは,尿細管でのナトリウムの再吸収を増加させる。そのほか副甲状腺ホルモンは,リン酸塩とカルシウム代謝に関与し,プロラクチンは硬骨魚の浸透圧調節に関係して,淡水中で腎臓に働き,多量の薄い尿を作る。…

【副腎皮質ホルモン】より

…副腎皮質から生成・分泌されるステロイドホルモンの総称で,同じ作用をもつ合成物質を含めてコルチコイドcorticoidまたはコルチコステロイドcorticosteroidともいう。副腎皮質ホルモンには,糖質コルチコイド(グルココルチコイドglucocorticoid)であるコルチゾール,コルチゾン,鉱質コルチコイド(ミネラルコルチコイドmineralocorticoid)であるアルドステロン,副腎性アンドロゲンであるデヒドロエピアンドロステロン,アンドロステンジオンなどがある。コルチゾール,コルチゾンは,肝臓におけるタンパク質からの糖新生を促進するほか,抗炎症・抗アレルギー作用などを示す。…

※「アルドステロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルドステロンの関連キーワードACTH副腎皮質副腎皮質刺激ホルモン副腎皮質ホルモン副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン副腎ホルモンホルモン放出ホルモンメチラポン副腎皮質刺激ホルモン分泌促進因子コルチゾル (cortisol)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルドステロンの関連情報