コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルヌルフ[ケルンテン] Arnulf von Kärnten

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルヌルフ[ケルンテン]
Arnulf von Kärnten

[生]850頃.レーゲンスブルク
[没]899.12.8. レーゲンスブルク
東フランク王 (在位 887~899) ,西ローマ皇帝 (在位 896~899) 。ケルンテン大公。バイエルン王カルロマンの庶子。ラインラントをノルマン人の攻撃から守れなかったことを理由に,伯父のカルル3世 (肥満王) を廃して即位。 891年ノルマン人をルーバンで破り,次いでローマ教皇フォルモススの要請により 894~895年の間に2度イタリアに遠征,896年教皇から西ローマ皇帝の帝冠を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルヌルフ[ケルンテン]の関連キーワード仁明天皇仁明天皇興世書主清和天皇大堀こういちジャヤバルマン[2世]軟骨魚類仁明天皇文徳天皇仁明天皇

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android