アルヌルフ[ケルンテン](英語表記)Arnulf von Kärnten

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルヌルフ[ケルンテン]
Arnulf von Kärnten

[生]850頃.レーゲンスブルク
[没]899.12.8. レーゲンスブルク
東フランク王 (在位 887~899) ,西ローマ皇帝 (在位 896~899) 。ケルンテン大公。バイエルン王カルロマンの庶子。ラインラントをノルマン人の攻撃から守れなかったことを理由に,伯父のカルル3世 (肥満王) を廃して即位。 891年ノルマン人をルーバンで破り,次いでローマ教皇フォルモススの要請により 894~895年の間に2度イタリアに遠征,896年教皇から西ローマ皇帝の帝冠を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android