コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルプス造山運動 アルプスぞうざんうんどうAlpine orogeny

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルプス造山運動
アルプスぞうざんうんどう
Alpine orogeny

新生代古第三紀から新第三紀にかけて,地中海ヒマラヤ,環太平洋地域に起こった造山運動

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アルプス‐ぞうざんうんどう〔‐ザウザンウンドウ〕【アルプス造山運動】

中生代中ごろから新生代にかけて起こった造山運動。その主な地域はアルプス山脈などの地中海地域からヒマラヤ山脈に至る地帯と、ロッキー山脈からアンデス山脈に至る環太平洋地域で、合わせてアルプス造山帯という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アルプス造山運動【アルプスぞうざんうんどう】

中生代から新生代中ごろにかけて世界各地に起こった造山運動。中生代と新生代の造山運動に分ける意見もある。おもな地域はアルプス山脈を含む地中海地域からヒマラヤ山脈に至る地帯と環太平洋地帯。
→関連項目アフリカアルプス[山脈]古第三紀ジュラ[山脈]新生代新第三紀第三紀中生代テチス海白亜紀ヒマラヤ[山脈]ピンドス[山脈]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルプスぞうざんうんどう【アルプス造山運動 Alpine orogenic movement】

広義には世界各地の中生代~新生代の造山運動をよび,地中海~カフカス~ヒマラヤ~ミャンマーにわたるユーラシアのアルプス造山帯と,環太平洋地帯のアルプス造山帯の二つがある。東アジア(燕山変動)や北アメリカ西部(ネバダ変動,ララミー変動)では,中生代の変動と新生代の変動(島弧の形成)が別の地域におこり,両者は明瞭に区別されるので,〈中生代アルプス造山運動〉(燕山変動,ララミー変動など)と〈新生代アルプス造山運動〉(狭義のアルプス造山運動)を区別するようになってきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アルプスぞうざんうんどう【アルプス造山運動】

中生代末期から新生代前半にかけて、ユーラシア大陸南縁や太平洋の周縁地帯に起こった造山運動。アルプス、ヒマラヤ、ロッキー、アンデスなどの山脈が形成された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

アルプス造山運動の関連キーワードシエラ・ネバダ山脈(スペイン)アルプス・ヒマラヤ山系カンタブリア[山脈]マッシフ・サントラルグアダラマ[山脈]チェコスロバキアピンドス[山脈]ララミー造山運動ピレネー[山脈]ウィールド地方カルパート山脈ハンガリー盆地ジュラ[山脈]バルカン山脈パミール高原ピレネー山脈カフカス山脈ロンドン盆地ベティカ山系セベンヌ山地

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android