日高造山運動(読み)ひだかぞうざんうんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日高造山運動
ひだかぞうざんうんどう

中生代の白亜紀末から新生代の古第三紀にかけて,北海道の日高山脈を中心に起った造山運動。現在の日高山脈地域は中生代の前半から地向斜となり,厚い堆積物が形成されたが,この造山運動によって深成岩貫入変成岩の形成があり,地層は激しく褶曲したり断層ができたりした。造山運動の時期がヨーロッパのアルプス造山運動と似ているので,日本のアルプス造山運動とみる学者もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

日高造山運動【ひだかぞうざんうんどう】

北海道の日高山脈をつくった造山運動。中生代に地向斜が生まれ,中軸部は白亜紀後期から隆起。以後第三紀中ごろまでに褶曲(しゅうきょく),広域変成,花コウ岩貫入。並行して隆起が進み,地向斜の海は東西の炭田地域にせばめられ,ついに陸化したと考えられた。世界的なアルプス造山運動の一環で典型的な地向斜―造山運動とされていたが,近年プレートテクトニクスの発展にともない否定されている。現在,日高地向斜堆積物は白亜紀〜古第三紀の付加体で,フリッシュ堆積物は白亜紀に西方にあった古陸から供給された前弧海盆堆積物,中軸変成帯と考えられた日高変成岩,神居古潭(かむいこたん)変成岩は付加衝突にともなって形成されたものと考えられている。
→関連項目日高山脈

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひだかぞうざんうんどう【日高造山運動】

北海道中央部における中生代中ごろから第三紀にかけての造山運動。日高造山帯は日本における最も典型的な造山帯である。完全褶曲と深成・変成作用をもつ典型的なアルプス造山運動と考えられていたが,プレートテクトニクス説や研究の進展に伴い,従来の造山運動像は大幅に修正する必要が生じている。日高地向斜初期の海底火山活動によるとされた緑色岩は,海洋地殻の一部と考えられるようになり,厚い地向斜堆積物は東方に想定されるオホーツク古陸から供給された白亜紀の島弧前縁堆積物と考えられるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日高造山運動
ひだかぞうざんうんどう
Hidaka orogeny

北海道の日高山脈をつくった造山運動。もともとは中生代の空知(そらち)層群・日高層群堆積(たいせき)物が、白亜紀後期から新生代古第三紀に受けた変動をさし、日高変成帯はその中軸部にある。日高変成帯やその周辺の研究が進むにつれ、この変動は当初考えられたものとは異なり、島弧どうしの衝突テクトニクスの枠組みで考えられるようになった。
 日高変成帯の変成岩・火成岩は、古第三紀の火成活動によって形成された島弧地殻下部から上部のもので、大規模な日高主衝上断層に沿って西方へ衝上している。つまり、ここでは地殻深部までの断面がめくれ上がって、地表で見えていることになる。この衝上運動は、新第三紀中新世から鮮新世に、東側のオホーツクプレート(北アメリカプレート)上の千島弧の一部(火山フロントから海溝まで)が、西側のユーラシアプレート上の東北日本弧と衝突したことによるものとされている。なお、新生代第四紀更新世には両プレートの境界は西側へ移動し、現在は日本海東縁にあるとされている。[村田明広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android