コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーク灯 アークとうarc lamp

翻訳|arc lamp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーク灯
アークとう
arc lamp

直流のアーク放電光源に用いたもので,電灯として最初に用いられた (1808) 。電極には炭素棒が多く用いられ,電極の中心にフッ化セシウムなどを詰めて,アークを強めたものもある。陽極輝点が小さい点光源となるため,反射鏡やレンズと組み合わせてかつては探照灯や映写用光源として使用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アーク灯【アークとう】

アーク放電の際の発光を光源とする照明灯をいうが,通常炭素棒を電極とする炭素アーク灯をさす。炭素棒は純炭素だけの無芯のものと,フッ化セリウム等の芯を入れた有芯のものとがあり,かつては後者は探照灯,映写機等の光源に利用された。
→関連項目エアトン放電灯

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アークとう【アーク灯 arc lamp】

アーク放電またはその電極で発光するランプをいい,かつては35ミリ映写機や青図焼付機,探照灯用光源として使われたが,現在では前世紀の遺物といえる。電気利用の最初の光源として,1808年イギリスのH.デービーによって炭素アーク灯が発明されて以来,76年ロシアのP.N.ヤブロチコフが実用化してパリの街路を照明した。日本では79年虎ノ門の工部大学校講堂における中央電信局開業式の祝宴で,イギリス人W.E.エアトンの指導のもと,藤岡市助中野初子浅野応輔の学生たちが,グローブ電池50個によってフランス製デュボスク式アーク灯の初点灯に成功,この日3月25日を記念して,1928年以後,電気記念日が制定された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アーク灯
あーくとう

広くアーク放電による発光、またはアーク放電による電極の発光を利用した放電灯(炭素アーク灯、水銀ランプ、キセノンランプなど)の総称とする場合もあるが、一般には炭素アーク灯をいうことが多い。炭素アーク灯は、二つの炭素電極に流れるアーク電流によって電極が白熱し、発光する現象を利用したものである。1802年イギリスのハンフリー・デービーがアーク放電を発見してから6年後の1808年に、2000個の電池を使って点灯する実験を公開した。のち1876年パリのコンコルド広場に街路灯として点灯され実用化された。日本では1878年(明治11)3月25日(のちに電気記念日となる)、工部大学校の大ホールで点灯したのが最初である。4年後の1882年、東京・銀座に建てられた街路灯によって公開されたが、それは2000カンデラの明るさであった。
 炭素アーク灯の起動は、普通、両極を一度接触させてから、適当な距離に離して点灯するが、補助電極で行うものもある。一般に電極は使用中消耗するので、点灯中に電極の送り機構が必要である。また、電流を安定させるため、かならず直列に抵抗を入れる。高輝度、高演色の光源として使用され、純炭素アーク灯(実験用)、発炎アーク灯(製版、映写用)および高輝度アーク灯(映写、探照灯用)の3種あるが、1960年代以降は取扱いが容易なキセノンランプが代替光源として使用されている。
 純炭素アーク灯は、直流で点灯すると、陽極先端に凹所(火坑(かこう)という)ができ、これが高い輝きの光源となる。分光分析用には、陽極に穴をあけ、そこに微量の試料を入れて発光させ、そのスペクトルを観察する。発炎アーク灯は、電極に金属の塩(えん)類をしみ込ませたもので、光色は金属特有のスペクトルを出す。たとえば、ストロンチウムは赤、カルシウムは黄、エルビウムおよびサマリウムは緑、セリウムは青白色となる。高輝アーク灯は、陽極に直径の約半分のフッ化セリウム、酸化セリウムなどの芯(しん)を入れたもので、ある電流値に達すると、急に陽極火坑が深くなり、前方に白色の陽極炎ができる。[小原章男・別所 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアーク灯の言及

【照明】より


[光源の変遷]
 現在実用されている光源は白熱電球放電灯および蛍光灯である。電灯の最初はアーク灯で,1808年H.デービーによって発明されたが,まぶしいのと,炭素蒸気を出して空気を汚すので,もっぱら街路灯に使用された。これが放電灯の始まりである。…

【ナダール】より

…ナダールのポートレート(肖像写真)は,単純な背景の中に全身の4分の3をストレートなライティングで写したものであるが,それは単なる人物の性格描写をこえ,これら芸術家自身の表現世界の広がりさえ感じさせるものであった。また58年には気球に乗り,世界最初の空中写真の撮影を試みたり,61年には3ヵ月をかけてパリの地下に発見されたカタコンベ(地下納骨堂)の撮影を,当時ようやく開発されたアーク灯による人工照明で撮影している。ナダールの波瀾に富んだ経歴はJ.ベルヌの《月世界旅行》の主人公のモデルとしても反映されているといわれる。…

※「アーク灯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アーク灯の関連キーワードトムソン(Elihu Thomson)ゼネラル・エレクトリック[会社]エルマー・A. スペリーエドワード ウェストンN.R. フィンセンC.F. ブラッシュ大日本スクリーン製造ナトリウムランプエジソンダイナモアークスペクトル探照灯・探照燈放電灯・放電燈E. トムソンポール モラン紫外線顕微鏡ロディーギンフィンセンウェストンブラッシュナダール

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アーク灯の関連情報