イクラ(英語表記)ikra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「イクラ」の解説

イクラ
ikra

本来はロシア語で魚卵。日本ではさけ,ます類の卵巣膜から分離された塩漬にしたものをいう。卵巣膜に包んだまま蔵したものが筋子である。日露戦争 (1904~05) の捕虜たちが「キャビア」の代用品としてつくったのが,起りといわれている。鮮度の高い腹子を卵分離器にかけて成熟した卵粒を集める。これを発色剤を加えた飽和食塩水に 10~20分間漬込み,水切りしてから低温に貯蔵する。大粒で茶・黄・金色を呈するものほど良質とされる。そのまま酒の (さかな) として賞味されるが,サンドウィッチ,カナッペにも利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「イクラ」の解説

イクラ

〘名〙 (ikra 「魚の卵」の意) サケマスの成熟卵を塩水漬にした食品。一粒ずつ卵巣から分離したものをいい、そのままのものは筋子(すじこ)という。はららご。
※日本家庭大百科事彙‐二(1928)タマゴ「現今市場に見るカビヤ(ロシア名産『イクラ』)は卵である」
[語誌]一九〇四~〇五年頃、日露戦争出兵時のロシア人がキャビアの代用品として食べたのが最初といわれる。昭和初期、日本の市場でキャビア(当時は「カビア」)として出回っていたのはイクラであった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「イクラ」の解説

イクラ
いくら
икра/ikra

サケ、マスの熟卵を1粒ずつ離し、塩水に漬けてつくる食品。ロシア語より出た語で、もともとは魚卵をさしている。卵嚢(らんのう)のままのものを「すじこ」という。最近は海藻から抽出した多糖類で植物油を包んだ模造品がつくられている。

[金田尚志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「イクラ」の解説

イクラ

サケ,マスの卵の塩蔵品で,本来はロシア語で魚卵(ikra)の意。新鮮な卵粒を1粒ずつ離し,飽和食塩水に短時間つけたもの。卵塊のまま塩づけしたものは筋子。酒のさかな,前菜に喜ばれる。
→関連項目サケ(鮭)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「イクラ」の解説

イクラ【ikra】

ロシア語で魚卵の意であるが,日本ではサケ,マス類の卵の塩蔵品で卵粒が1粒ずつ分離しているものをいう。漁獲後数時間以内の新鮮な卵巣をの上でもみほぐして卵粒をとり,これを飽和食塩水中に20分ほど浸して汚物などを除くとともに塩分を付与する。これを3時間水切りして包装,冷蔵する。流通保管温度は-4℃前後が望ましい。赤紅色で粒に張りがあり,特有の濃厚な味とにおいのするものが良品で,表面が乾き,苦みや油焼け臭のするものは良くない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android