コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワン[3世] イワン

2件 の用語解説(イワン[3世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イワン[3世]【イワン】

モスクワ大公,全ロシアの公(在位1462年―1505年)。モスクワを中心とする国土統一を基本的に達成し,1480年タタールの支配(〈タタールのくびき〉)からも240余年ぶりに最終的に脱却した。
→関連項目モスクワモスクワ大公国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イワン[3世]【Ivan III Vasil’evich】

1440‐1505
モスクワ大公。在位1462‐1505年。ワシーリー2世(1415‐62)の長子。分裂していたロシアを統一し,ロシアをモンゴルタタール人の支配から最終的に解放するなどして,ロシアをヨーロッパ列強の一つにした。まず対内的にはヤロスラフ公国(1463),ロストフ公国(1474),ノブゴロド共和国(1478),トベーリ公国(1485),リャザン公国の一部等を併呑し,モスクワを中心とするロシア中央集権国家の形成を実現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のイワン[3世]の言及

【モスクワ】より

…当初は眇(びよう)たる小国であったが,モスクワ川を擁して交易路の要衝にあったことと,ダニイルの後を継いだ歴代の支配者の手腕によって,モスクワはしだいに領土を広げ,権威を高めていく。 ダニイルの子のイワン・カリタはキプチャク・ハーン国の宮廷にとり入ってその援助を受けて近隣のロシア諸公国の土地を手中に収める一方で,ウラジーミルから府主教を迎えたり,クレムリン内にウスペンスキー聖堂を建立したりして,モスクワを全ロシアの宗教上の中心たらしめようと努めた。14世紀後半のドミトリー・ドンスコイ大公の治世にはクレムリンの周囲に木の柵の代りに石の城壁が築かれ,城外に出城の役割を兼ねてアンドロニコフ,シーモノフなどの修道院がつくられた。…

【モスクワ・ロシア】より

…国号はモスクワ大公国ウラジーミル大公国内でのモスクワ公国の発展をうけて,モスクワ大公イワン3世は〈北東ロシア〉(ウラジーミル大公国とノブゴロド)の政治的統一に向かい,〈タタールのくびき〉にも終止符を打った。また,イワン3世は〈ルスカヤ・プラウダ〉後,最初の全国的な〈裁判法規集(スジェブニク)〉を1497年に編纂した。…

【ローマ理念】より

…しかし第二のローマも1453年滅亡する。この後1472年最後のビザンティン皇帝の姪を娶ったモスクワ大公イワン3世は,外国に対してツァーリ(カエサル)の称号を用い始め,その子ワシーリー3世の時代には〈二つのローマは滅んだが,今や第三のローマがある。第四のローマはありえない〉とされた(第三ローマ論)。…

※「イワン[3世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イワン[3世]の関連キーワードタムモスクワ遠征モスクワ大学イワンジュコーフスキー莫斯科雀が丘Калугаモスクワ5000モスクワを占領せよ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone