コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インゴット インゴットingot

翻訳|ingot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インゴット
ingot

金属材料を溶製後,圧延鍛造などの加工をする前に一定の単純な形に鋳造した原料鋳塊。現在量産される金属材料は,大部分連続鋳造される。鋼材では数t程度が普通で,数百tに及ぶものもあるが,非鉄金属材料では一般に数十 kgの小型が多い。インゴット鋳造用の鋳型は鋳鉄製を普通とする。しかし真空溶解などの特殊な場合は水冷の銅鋳型なども用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

インゴット(ingot)

溶かした金属または合金を鋳型に流し込んで固めたもの。鋳塊(ちゅうかい)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

インゴット

製錬された金属を,圧延などの加工や再溶解に適するような大きさ,形状とした鋳塊。鋼の場合は鋼塊という。銅,鉛,亜鉛,アルミニウムなども各独特の形状に鋳込まれるが,一般に厚板形,なまこ形が多い。
→関連項目金属管真空鋳造伸銅連続鋳造

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インゴット【ingot】

狭義の〈鋳物shaped casting〉のように直接製品の形状を得るのではなく,製錬された金属をのちに圧延,鍛造などの加工や再溶解を行う目的で,目的に適した大きさ,形状に鋳造した金属塊のこと。鋳塊ともいい,金属が鉄鋼の場合には鋼塊ともいう。近代の金属製錬においては,ほとんどの金属が鉱石から液体金属として取り出されるから,一度インゴットに鋳込まなければならない。インゴットは,製錬や凝固に起因するさまざまな不均一性を有している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

インゴット【ingot】

製錬後、鋳型に流し込んで固化させた金属塊。圧延・鍛造などにより製品化する。鋳塊ちゆうかい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インゴット
いんごっと

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のインゴットの言及

【圧延】より


[圧延工程]
 金属材料は圧延によって,板,棒,線,形材,管などに加工されるが,その際に材料を加熱した状態で行う熱間圧延hot rollingと,加熱しないで行う冷間圧延cold rollingとがある。熱間圧延は大きな変形が可能であり,インゴットを分塊圧延したり,板材,形材の圧延に適しているが,仕上げ面が酸化される欠点がある。冷間圧延は小さな変形しかできないが,表面状態が良い加工ができるので,製品の仕上げに利用されることが多い。…

【製鉄・製鋼】より

… 以上述べた各種製鋼法の特徴を表3に示すが,日本では特殊鋼メーカーはほとんど電気炉により,銑鋼一貫製鉄所は転炉が主体である(〈電気炉〉の項参照)。
【造塊】
 各種の製鋼炉でつくられた溶鋼は,いったん取鍋に受け,ここで成分調整,脱酸,温度調節を行い,鋳型に流し込み鋼塊(インゴットという)とするが,連続鋳造機により鋳片を製造する。これらの工程を造塊という。…

※「インゴット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

インゴットの関連キーワードクロタニコーポレーションレイノルズ・メタルズウネティチェ文化電子ビーム溶解炉地金(金属材料)東邦チタニウムマグネシウムチタン精錬業テルミット法タングステン帯域溶融法金(元素)連続鋳造法リムド鋼研磨材電気銅葉祥栄キール均熱炉金地金

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インゴットの関連情報