ウォリック(伯)(読み)ウォリック[はく](英語表記)Warwick, Richard Neville, 1st Earl of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォリック(伯)
ウォリック[はく]
Warwick, Richard Neville, 1st Earl of

[生]1428.11.22.
[没]1471.4.14. バーネット
イギリスの貴族。ソールズベリー伯の子であったが,1449年結婚によってウォリック伯となり広大な領地を獲得した。バラ戦争中の 1455年5月ヨーク派にくみしてランカスター派を破り,フランス沿岸のイギリス領カレーの軍司令官に任じられ,1460年そこからイングランドに進出してランカスター朝ヘンリー6世を破り捕虜とした。1461年ヨーク公エドワードを奉じてロンドンに入城,エドワード4世として即位させ,さらにランカスター派を追って決定的な勝利を収めた。のち国王と対立し,1470年フランスに逃れてヘンリー6世の妻マーガレットと和解してイングランドに攻め入り,エドワードを追放してヘンリーを復位させた。そのため「国王製造人」の異名を得た。しかし翌 1471年北イングランドに再上陸したエドワード軍とバーネットで会戦,戦死した。

ウォリック(伯)
ウォリック[はく]
Warwick, Robert Rich, 2nd Earl of

[生]1587
[没]1658.4.19. ロンドン
イギリスの植民地行政家,提督。リッチ家ウォリック伯の第2代。清教徒で早くから植民活動に情熱を注ぎ,北アメリカのバージニア会社,ニューイングランド会社創立に関与,1628年マサチューセッツ湾開発の特許を得る。 42年長期議会により海軍司令長官に任じられ,清教徒革命中,海軍を議会側につかせた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android