コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォリック(伯家) ウォリック[はくけ]Warwick, Earls of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォリック(伯家)
ウォリック[はくけ]
Warwick, Earls of

イギリスの貴族の家柄。征服王ウィリアム1世がフランス時代からの臣下ベローモントを伯爵に叙したのに始り,婚姻その他の事情から,1267年ビーチャム家に移った。トマス・ビーチャム (1401没) は,1388年リチャード2世の寵臣貴族たちを弾劾し失脚させた5人の「告発貴族」の一人で,そのため,97年報復を受けてロンドン塔に幽閉され,ビーチャム塔にその名を残した。その子リチャード・ド・ビーチャム (1382~1439) はヘンリー5世に従って百年戦争に活躍した。その後は,リチャードの娘婿ネビル家のリチャード・ネビル (ウォリック〈伯〉 ) が 1449年伯爵位を継承。彼のあとは娘婿クラレンス公ジョージ (クラレンス〈公家〉 ) に権利が移り,その長子エドワード・プランタジネット (75~99) が継承した。 87年 L.シムネルが彼の名をかたって王位を要求したため,ヘンリー7世の命令で顔見世のため一日中ロンドンを引回された。もうひとりの王位僭称者 P.ウォーベックの脱獄の相談に乗り,それをみずからヘンリー7世への陰謀と主張したため,斬首された。彼の死から約半世紀後の 1547年ジョン・ダッドリー (のちのノーサンバーランド〈公〉 ) が叙爵して復活され,その刑死後は3男アンブローズ (1528?~90) が継いだが,彼の死とともにとだえた。一方 1618年ロバート・リッチ (59~1619) が伯爵位を授けられ,その長男の2代ウォリック (伯) は清教徒革命に提督として活躍したが,1759年にはリッチ家も断絶,同年あらためてフランシス・グレンビルが伯家を興し,以後その子孫が継承。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android