コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾビタキ Muscicapa griseisticta; grey-streaked flycatcher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エゾビタキ
Muscicapa griseisticta; grey-streaked flycatcher

スズメ目ヒタキ科。全長 13~15cm。ヒタキの仲間特有の直立姿勢で枝に留まる羽色の地味な小鳥。頭,背,上面,尾は灰褐色で,翼に細い白帯がある。腹は白いが,胸,脇には白色地に灰褐色のかなり目立つ縦斑が密にある。眼輪は白く,目先はくすんだ白色で,と脚は黒い。シベリア南東部,サハリン島カムチャツカ半島南部,中国東北地方などの針葉樹林で繁殖する。渡り鳥で,越冬地はフィリピンからボルネオ島インドネシア東部,ニューギニア島に及ぶ。昆虫食で,枝から飛び出して捕まえ,元の枝に戻って食べる。地面におりることはない。日本では北海道東部と東北地方北部で繁殖記録があるが,おもに渡りの時期に通過する旅鳥である。秋の渡りの時期には各地の平地の明るい林,樹木の散在する公園や庭などによく見られる。越冬地でも森林のほか林縁,樹木の散在する林,公園などに生息する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾビタキ
えぞびたき / 蝦夷鶲
grey-spotted flycatcher
[学]Muscicapa griseisticta

鳥綱スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科の鳥。全長約14センチメートル。灰褐色のじみな姿で、空中で昆虫をとらえるヒタキ型の採食法をとる。アジア東部の針葉樹林で繁殖し、フィリピン、ニューギニア島で越冬。春秋の渡りの途中に日本を通過し、とくに秋は大群がみられる。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android