コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンセナダ エンセナダ Ensenada, Zenón de Somodevilla y Bengoechea, Marqués de la

4件 の用語解説(エンセナダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンセナダ
エンセナダ
Ensenada, Zenón de Somodevilla y Bengoechea, Marqués de la

[生]1702.6.2. アレサンコ
[没]1781.12.2. メディナデルカンポ
スペインの政治家。侯爵。フェリペ5世治世下に首相ホセ・パティニョにその才能を認められて,スペイン海軍の拡充に努め,1732年北アフリカの都市オラン征服に従軍。4年後にはナポリ遠征隊を率いて王子カルロスをナポリ国王に即位させ,侯爵の爵位を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

エンセナダ
エンセナダ
Ensenada

メキシコ北西部,バハカリフォルニア州北西部の都市。バハカリフォルニア半島基部西岸,太平洋のトドスサントス湾にのぞむ港湾都市で,標高約 13mの海岸低地に位置し,気候は涼しく乾燥している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エンセナダ【Marqués de la Ensenada,Zenón Somodevilla y Bengoechea】

1702‐81
スペインの政治家。18歳で海軍省へ入る。1736年に侯爵。43年には,大蔵,海軍,インディアスの大臣職を兼任し,内政を改革,科学とともに工業,農業,公共事業の発展をもたらした。しかし,反英・親仏の外交姿勢に固執したこと,カルロス3世イエズス会士追放に反対したことにより,計2度の亡命生活を余儀なくされた。【鈴木 昭一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンセナダ
えんせなだ
marqus de Ensenada
(1702―1781)

18世紀のスペインの政治家。本名セノン・デ・ソモデビーリャ・イ・ベンゴエチェアZenn de Somodevilla y Bengoechea。スペイン北東部アレサンコAlesancoの出身。家柄や、18歳で海軍省入りするまでの経歴は不明。スペイン継承戦争(1701~14)の末に締結されたユトレヒト条約で、スペインはイタリアでの領土をいったんは放棄したものの、ただちにこれの回復を外交目標に据え、エンセナダはこの政策遂行に多大の功績をあげた。この功績により1736年に、当時ナポリ王だった後のカルロス3世から爵位を授与され、以後、フェルナンド6世およびカルロス3世の2代にわたって重臣の一人として活躍した。海軍の強化、土地台帳の作成とこれに基づく税制の合理化、財政再建、農業振興に向けての道路と運河の建設など、スペイン・ブルボン朝が掲げる改革路線を強力に推進した。
 しかし、当時のスペインの政治と社会に圧倒的な影響をもっていたイエズス会の処遇をめぐって、王権至上主義の立場から同会の追放を意図するカルロス3世と対立、1766年に発生したエスキラーチェの乱に加担したかどで宮廷を追われ、その政治生命を終えた。[小林一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エンセナダの関連キーワードあれさまバンコマイシンアーキペンコアレクサンドリア文庫三角数すずらんコアレスペンギンコアレスさんこ節アレサアレサンドリ,J.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone