コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオワシ Haliaeetus pelagicus; Steller's sea eagle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオワシ
Haliaeetus pelagicus; Steller's sea eagle

タカ目タカ科。全長雄 88cm,雌 102cm。翼開張 220~250cm。タカ類では大型。楔形の尾をもつ。全身暗褐色で,成鳥は額,小雨覆,下雨覆の一部,脛,上下の尾筒,尾が白い。強大なと脚は黄色。オホーツク海沿岸のアムール川下流域やカムチャツカ半島千島列島などで繁殖し,冬季には朝鮮半島,千島列島,北海道に渡来して越冬する。特に知床半島では,オジロワシとともにかなり多く越冬している。生息数は全世界で約 6000~7000羽と推定されており,そのうち 3500~4000羽がカムチャツカ半島で,約 2000羽が日本で越冬していると考えられる。1970年国の天然記念物,1993年国内希少野生動植物種に指定された。海岸や湖沼,河川流域にすみ,おもに魚類を捕食するが,鳥類や小型から中型の哺乳類,動物の死肉なども食べる。(→ワシ猛禽類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オオワシ

タカ科の大型猛禽(もうきん)。翼長雄58cm,雌63cm内外,体長は1mに達する。くちばしは大きく,体は黒褐色で肩が白い。カムチャツカ半島からオホーツク海沿岸で繁殖。
→関連項目知床ハクトウワシワシ(鷲)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオワシ
おおわし / 大鷲
Steller's sea-eagle
[学]Haliaeetus pelagicus

鳥綱タカ目タカ科の鳥。カムチャツカ半島、樺太(からふと)(サハリン)、朝鮮半島北部などで繁殖し、冬はやや南下する。日本には冬鳥として渡来するが、北部日本に多く、太平洋側の地域には少ない。全長約95センチメートル、翼長約60センチメートル。翼開長は2.4メートルにもなる大きなワシで、嘴(くちばし)は黄色で大きい。成鳥の体は大部分黒褐色で、額、小雨覆(しょうあまおおい)、もも、尾は白い。若鳥は全体が褐色で、成長するにつれて白色部がはっきりしてくる。北海道東部には数が多く、とくに知床半島(しれとこはんとう)には100羽以上が集まるねぐらがある。日中は海上を飛び回って獲物の魚を捜したり、木の枝や流氷に止まって休んでいる。ときには広大な翼を広げて羽ばたきをしないで輪を描いて飛ぶこともある。獲物は魚がおもであるが、水鳥や海獣を襲うこともある。本種の尾羽は古来矢羽用として珍重された。1970年(昭和45)国の天然記念物に指定された。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オオワシの関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地斜里町立知床博物館知床世界自然遺産知床国立公園ウミワシ建国神話高野伸二レバード知床岬化女沼濤沸湖

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオワシの関連情報