コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレンジ川 オレンジがわOrange River

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレンジ川
オレンジがわ
Orange River

アフリカ南部を流れる大河川。アフリカーンス語では Oranjerivier。レソト北東部のドラケンスベルク山脈中に源を発し,レソト,南アフリカ共和国内をほぼ西流,下流部はナミビアと南アフリカの境界を形成して,アレクサンダー湾北部で大西洋に流入する。全長約 2090km。支流のバール川を合わせた流域面積は少なくとも約 85万5000km2に上る。中流部は南アフリカの自由州東ケープ州北ケープ州の両州との自然境界に利用され,カレドン川,バール川などの大支流も,その上流でそれぞれレソトと自由州,自由州とムプマランガ州ハウテン州北西州の 3州との州境をなしている。中流部では,硬い基盤岩の中をポールトと呼ばれる潜行性のギャップを形成しつつ流れるが,上流部に比較して傾斜はゆるやかになる。海岸までの最後の 100kmを除いては,300~1000mにも達する深い峡谷を形成。東経 20°付近にアウフラビス瀑布がある。急流が多いため,河川交通にはほとんど利用されない。流量は 3月が最大,8月が最小となり,その差は 10倍にも達する。中流部のポールトを形成している部分に大きなダムがあり,アピントン付近の灌漑に利用される。南アフリカ政府は 1962年から,ダムや運河の建設を含む多目的開発計画を推進している。1760年ゾウ狩りの J.クートセーが初めて渡河,以後 H.ホップ,1777年には R.J.ゴルドンがオランダ東インド会社の依頼により中流に達し,オレンジ(オランニェ)公にちなんで命名,その後も L.W.ペーターソンらと下流,河口部を探検した。源流は 1836年フランス人宣教師によって確認された。なお,河口付近にはダイヤモンド鉱床が広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オレンジ川
おれんじがわ
Orange River

南アフリカ共和国を横断する同国最大の川。全長2092キロメートル、アフリカ大陸で第5位の長さをもち、流域面積は102万平方キロメートルに及び、日本の面積の2.7倍もある。南アフリカ共和国の言語アフリカーンス語ではOranjerivierと綴(つづ)る。ドラケンスベルク山脈(ドラケンスバーグ山脈)の一部、レソトの北東端の標高3000メートルを超えるバスト高地に発し、南西流する。その後レソトの北部国境を流下してきたカレドンCaledon川と合流し、北西流に転ずる。ダグラスの西方15キロメートルで一大支流バールVaal川と合流してオーグラビースAughrabies滝に達する。この滝は河口から560キロメートルにあり、先住民コイ人のことばで「大音響の場所」を意味する。落差が146メートルあり、その下の急流部を入れると比高186メートルに達する。この滝から35キロメートル下流以後はナミビアとの国境をなしながら西流し、大西洋岸のアレクサンダー・ベイ付近で河口となる。流域内の土壌侵食が活発で、半年以上にわたって河口が土砂で閉ざされるという。流量は本流の上流部のホープ・タウン付近で年平均76億トンあり、季節変化が大きく、その79%が11月~4月に集中する。さらに下流のバール川が合流した後のプリースカでは年平均流量が109億トンで、やはり季節変化が大きく、その83%が11月~4月に集中する。なおバール川流域を中心に、ダム建設などの水資源開発が早くから実施されている。[堀 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オレンジ川の関連キーワードヘンドリク・フェアウールト・ダムケープ(南アフリカ共和国)自由州(南アフリカ共和国)オーグラビース滝国立公園グリクァランド・ウェストザバナ・ヌトレニャナ山グリカランドウェストオレンジ自由州[州]グレート・トレックグレート・トレックグレートナマランドリトルナマランドオレンジ自由国アリワルノースナマクアランド宝石礫および砂フィッシュ川ガリープダムケープ植民地バール[川]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android