コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレンジ川 オレンジがわ Orange River

2件 の用語解説(オレンジ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレンジ川
オレンジがわ
Orange River

アフリカ南部を流れる大河川。アフリカーンス語では Oranjerivier。レソト北東部のドラケンスベルク山脈中に源を発し,レソト南アフリカ共和国内をほぼ西流,下流部はナミビア南アフリカの境界を形成して,アレクサンダー湾北部で大西洋に流入する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オレンジ川
おれんじがわ
Orange River

アフリカ共和国を横断する同国最大の川。全長2092キロメートル、アフリカ大陸で第5位の長さをもち、流域面積102万平方キロメートルに及び、日本の面積の2.7倍もある。南アフリカ共和国の言語アフリカーンス語ではOranjerivierと綴(つづ)る。ドラケンスベルク山脈(ドラケンスバーグ山脈)の一部、レソトの北東端の標高3000メートルを超えるバスト高地に発し、南西流する。その後レソトの北部国境を流下してきたカレドンCaledon川と合流し、北西流に転ずる。ダグラスの西方15キロメートルで一大支流バールVaal川と合流してオーグラビースAughrabies滝に達する。この滝は河口から560キロメートルにあり、先住民コイ人のことばで「大音響の場所」を意味する。落差が146メートルあり、その下の急流部を入れると比高186メートルに達する。この滝から35キロメートル下流以後はナミビアとの国境をなしながら西流し、大西洋岸のアレクサンダー・ベイ付近で河口となる。流域内の土壌侵食が活発で、半年以上にわたって河口が土砂で閉ざされるという。流量は本流の上流部のホープ・タウン付近で年平均76億トンあり、季節変化が大きく、その79%が11月~4月に集中する。さらに下流のバール川が合流した後のプリースカでは年平均流量が109億トンで、やはり季節変化が大きく、その83%が11月~4月に集中する。なおバール川流域を中心に、ダム建設などの水資源開発が早くから実施されている。[堀 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オレンジ川の関連キーワードブリンクアフリカーナーアフリカーナアフリカ菫アフリカ舞舞アフロホワイトアフリカ南アフリカ汎アフリカ主義アフリカデー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone