コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシラダカ カシラダカ Emberiza rustica; rustic bunting

3件 の用語解説(カシラダカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カシラダカ
カシラダカ
Emberiza rustica; rustic bunting

スズメ目ホオジロ科。全長 15cm。雄の冬羽は頭上と耳羽が褐色で,眉斑が黄白色。背面は赤褐色で黒斑がある。腹部は白色で,脇に褐色縦斑がある。胸には幅広い褐色帯がある。雌は全体に雄より地味で,胸の褐色帯も雄ほど目立たない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カシラダカ

ホオジロ科の鳥。翼長8cm。ホオジロに似る。ユーラシア大陸中北部で繁殖し冬は南へ渡る。日本では冬鳥として全国に渡来し,農耕地や河原の草むらに多い。おもに雑草の種子等を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カシラダカ
かしらだか / 頭高
rustic bunting
[学]Emberiza rustica

鳥綱スズメ目ホオジロ科の鳥。同科ホオジロ属38種中の1種。全長約15センチメートル北ヨーロッパから東はカムチャツカ半島へかけてユーラシアの中・高緯度地帯に繁殖し、冬季はアジア中部に渡る。春になると、雄の頭頂、頭側が漆黒色、眉斑(びはん)、上頸斑(じょうけいはん)は白色となる。胸の栗(くり)色帯は顕著である。冬季の雄は頭部の黒色がなく雌に似る。頭頂の羽毛を冠状に立てる習性がある。冬季に日本の本州、四国、九州、琉球諸島(りゅうきゅうしょとう)などに滞留するカシラダカは、カムチャツカ半島、オホーツク海方面で繁殖したものと考えられる。山麓(さんろく)の里山(人里近くにあるクヌギ、ナラ、その他の雑木林、薪炭林)や草原に群生する。主として植物食であるが、昆虫も食べる。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カシラダカの関連キーワード島青鵐頬白深山頬白アオジ(青鵐)カシラダカ(頭高)フウキンチョウ(風琴鳥)ホオアカ(頰赤)ホオジロ(頰白)ユキホオジロ(雪頰白)ホオジロ科

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone