コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシラダカ Emberiza rustica; rustic bunting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カシラダカ
Emberiza rustica; rustic bunting

スズメ目ホオジロ科。全長約 15cm。雌雄ともに頭上に冠羽(→羽冠)がある。雄の夏羽(→羽衣)は頭上と目先,耳羽,頬が黒く,白い眉斑が頸まで伸びる。背から下の背面と,脇は茶褐色で,黒い縦縞が入る。腹面は白く,胸に不明瞭な赤茶色の帯がある。尾羽は茶褐色。冬羽は夏羽の頭部の黒色部が褐色になり,白い頬線が生じるほかは全体に色が淡く,脇が白地に茶褐色の縦縞になる。雌は全体に雄より地味で,胸の褐色帯も雄ほど目立たない。スカンジナビア半島からロシア中央部を経てカムチャツカ半島中国東北部に及ぶユーラシア大陸北部で繁殖する。繁殖地は針葉樹林で,林床や木の低い枝,低木などに営巣する。冬季は中国東部,朝鮮半島,日本に渡る。日本には冬鳥(→渡り鳥)として多数渡来し,耕地,雑木林,低山の落葉樹林,アシ原などに群れをつくり,おもに種子を採食する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カシラダカ

ホオジロ科の鳥。翼長8cm。ホオジロに似る。ユーラシア大陸中北部で繁殖し冬は南へ渡る。日本では冬鳥として全国に渡来し,農耕地や河原の草むらに多い。おもに雑草の種子等を食べる。頭頂の羽毛を立てる習性があり,頭高の名が付いた。チッチッと鳴く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カシラダカ
かしらだか / 頭高
rustic bunting
[学]Emberiza rustica

鳥綱スズメ目ホオジロ科の鳥。同科ホオジロ属38種中の1種。全長約15センチメートル。北ヨーロッパから東はカムチャツカ半島へかけてユーラシアの中・高緯度地帯に繁殖し、冬季はアジア中部に渡る。春になると、雄の頭頂、頭側が漆黒色、眉斑(びはん)、上頸斑(じょうけいはん)は白色となる。胸の栗(くり)色帯は顕著である。冬季の雄は頭部の黒色がなく雌に似る。頭頂の羽毛を冠状に立てる習性がある。冬季に日本の本州、四国、九州、琉球諸島(りゅうきゅうしょとう)などに滞留するカシラダカは、カムチャツカ半島、オホーツク海方面で繁殖したものと考えられる。山麓(さんろく)の里山(人里近くにあるクヌギ、ナラ、その他の雑木林、薪炭林)や草原に群生する。主として植物食であるが、昆虫も食べる。[坂根 干]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android