コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キューバ鉱 キューバこう cubanite

2件 の用語解説(キューバ鉱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キューバ鉱
キューバこう
cubanite

CuFe2S3 。銅と鉄の硫化物の鉱物。斜方晶系。比重 4.03~4.18,硬度 3.5。真鍮色の柱状,板状の結晶をなす。発見地にちなんで命名された。高温型熱水性鉱床や接触交代鉱床に産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キューバ鉱
きゅーばこう
cubanite

黄銅鉱とともに銅鉱石を形成することのある硫化鉱物正マグマ性鉱床、高温熱水鉱脈鉱床、接触交代鉱床(スカルン型鉱床)、変成含銅硫化鉄鉱床中などに産し、磁硫鉄鉱とも共存する。日本では京都府大江町(現、福知山(ふくちやま)市大江町)河守(こうもり)鉱山(閉山)、岩手県釜石(かまいし)鉱山などが産地として有名。スモーカー(深海で熱水からの沈殿物が堆積(たいせき)した煙突状の構造物)の周辺堆積物中から発見された方キューバ鉱はほぼ同一組成の等軸相であるが、同質異像関係といえるほど化学的に同一でなく、キューバ鉱より銅に乏しく鉄に富む。多くの場合、高温条件で生成された黄銅鉱との固溶体の冷却により、その離溶産物として生成され、自形は斜方板状ないし細柱状。天然物を真空中で加熱すると、約250℃で方キューバ鉱相当相に転移する。命名は原産地キューバにちなむ。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キューバ鉱の関連キーワード硫化鉄鉱硫化物青泥硫化銀硫化珪素二硫化物浅成鉱床ニッケル鉱物硫塩鉱物硫化鉄鉱物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone