コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キューバ鉱 キューバこうcubanite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キューバ鉱
キューバこう
cubanite

CuFe2S3 。銅と鉄の硫化物の鉱物。斜方晶系。比重 4.03~4.18,硬度 3.5。真鍮色の柱状板状の結晶をなす。発見地にちなんで命名された。高温型熱水性鉱床や接触交代鉱床に産する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キューバ鉱
きゅーばこう
cubanite

黄銅鉱とともに銅鉱石を形成することのある硫化鉱物。正マグマ性鉱床、高温熱水鉱脈鉱床、接触交代鉱床(スカルン型鉱床)、変成含銅硫化鉄鉱床中などに産し、磁硫鉄鉱とも共存する。日本では京都府大江町(現、福知山(ふくちやま)市大江町)河守(こうもり)鉱山(閉山)、岩手県釜石(かまいし)鉱山などが産地として有名。スモーカー(深海で熱水からの沈殿物が堆積(たいせき)した煙突状の構造物)の周辺堆積物中から発見された方キューバ鉱はほぼ同一組成の等軸相であるが、同質異像関係といえるほど化学的に同一でなく、キューバ鉱より銅に乏しく鉄に富む。多くの場合、高温条件で生成された黄銅鉱との固溶体の冷却により、その離溶産物として生成され、自形は斜方板状ないし細柱状。天然物を真空中で加熱すると、約250℃で方キューバ鉱相当相に転移する。命名は原産地キューバにちなむ。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キューバ鉱の関連キーワード方キューバ鉱(データノート)キューバ鉱(データノート)銀ペントランド鉱ペントランド鉱トロイリ鉱ブラッグ鉱砒白金鉱

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android