キョウチクトウ(夾竹桃)(読み)キョウチクトウ(英語表記)Nerium indicum; oleander

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キョウチクトウ(夾竹桃)
キョウチクトウ
Nerium indicum; oleander

キョウチクトウ科の常緑大低木で,しばしば 5mにも達する。インド原産。乾燥,高温に強く,世界の温帯,熱帯で広く植えられている。厚手の細い葉が3枚輪生する。傷つけると白い乳液を出し,有毒である。枝先にモモのような紅花を多数集めてつける。八重咲きのものが普通であるが,淡黄色のものや白色花の品種もある。キバナキョウチクトウは南アメリカ原産で別属の植物である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キョウチクトウ(夾竹桃)【キョウチクトウ】

インド原産のキョウチクトウ科の常緑低木。高さ3〜4m。花期は7〜10月で,夏の花木として庭や公園に植えられる。暖地を好み,東京以西では露地で育つ。葉は革質の狭披針形で,3枚が輪生または対生。花は径4〜5cmで高杯状,普通紅色だが,白,淡黄,絞り等あり,八重もある。さし木でふやす。
→関連項目ストロファンチン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キョウチクトウ【キョウチクトウ(夾竹桃) oleander】

キョウチクトウ科の常緑低木で,ときに亜高木状となる(イラスト)。インド原産で,熱帯域や日本で庭木として観賞に用いる。葉は厚い革質で,3枚が輪生し,長楕円形ないし長紡錘形である。花は日本では夏に咲き,枝の先端に群がってつき,桃色ないし白色で,芳香がある。萼は,5深裂し,花冠は5裂してよじれ,糸状付属物をもっている。属名Neriumは,ギリシア語のnēros(湿った)の意からきたもので,川辺に野生するところからきたものと思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のキョウチクトウ(夾竹桃)の言及

【有毒植物】より

…しかし用量安全域がせまく,副作用として食欲不振,悪心,嘔吐をさそい,多量に使用すれば心臓停止による死を招く。キンポウゲ科のフクジュソウ,クリスマスローズ,キョウチクトウ科のキョウチクトウ,ストロファンツス,ユリ科のオモト,カイソウ,スズランなどにも同様の成分が存在する。ストロファンツスはアフリカの原住民によって,矢毒として利用されていた。…

※「キョウチクトウ(夾竹桃)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android