コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンクロハジロ キンクロハジロAythya fuligula; tufted duck

3件 の用語解説(キンクロハジロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンクロハジロ
キンクロハジロ
Aythya fuligula; tufted duck

カモ目カモ科。全長 44cm。雄は頭部,胸,背は黒く,腹部は白い。翼は黒く,飛ぶとよく目立つ白帯がある。雌では,雄の黒色部が黒褐色となっている。雌雄ともに短い冠羽がある。ユーラシア大陸北部に繁殖し,日本には冬鳥として湖沼,内湾などに多数渡来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

キンクロハジロ

ガンカモ科の鳥。翼長20cm。暗褐色で腹部は白い。ユーラシア大陸の北緯40°以北で繁殖。日本には冬鳥として渡来し,全国各地の湖沼,入江等に見られる北海道では少数繁殖。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンクロハジロ
きんくろはじろ / 金黒羽白
tufted duck
[学]Aythya fuligula

鳥綱カモ目カモ科の鳥。ヨーロッパからシベリア、樺太(からふと)(サハリン)、日本では北海道釧路(くしろ)の塘路(とうろ)湖で繁殖が知られ、冬鳥として淡水湖沼、半塩水域、さらに瀬戸内海の沿岸にも渡来し、普通にみられる種である。また南は台湾、小笠原(おがさわら)諸島、さらに南洋諸島まで達するものがある。潜水して底生の動植物質を食べる。雄の成鳥は全長43.5センチメートル、頭部に紫緑色の光沢があり、後頭には豊かな冠羽の束が垂れている。胸と背は黒色、わき羽がひょうたん形の純白で、黒白の美しい羽色をしている。また翼鏡には白帯がある。嘴(くちばし)は幅広く灰青色で先端は半円状に黒く、虹彩(こうさい)は黄金色に輝く。雌は全長37.5センチメートル、全般に黒褐色で、雄よりも短い羽冠がある。雄の幼鳥は雌に似るが、わきは汚白色である。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キンクロハジロの関連キーワード生痕化石シロフクロウセグロカモメ沙星宍粟三尺カコミスルジェレヌクヤードyd石母田供養石塔

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キンクロハジロの関連情報