コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラゲ(水母) クラゲ

百科事典マイペディアの解説

クラゲ(水母)【クラゲ】

腔腸(こうちょう)動物と有櫛(ゆうしつ)動物のうち,浮遊生活に適するクラゲ型の動物の通称。ハチクラゲ,ヒドロクラゲ,クシクラゲ類に分けられる。マミズクラゲなどの少数の例外を除き,普通は海生。体の大部分が無色透明の寒天質で,椀(わん)を伏せたような形のものが多い。下縁には触手が並ぶ。主食は小型の動物プランクトン。普通,雌雄異体で,卵は付着生活をするポリプを経て,無性生殖的に出芽によってクラゲになる。クシクラゲ類は雌雄同体で,ポリプの時期をもたない。エチゼンクラゲビゼンクラゲなどは食用。刺胞毒はタラシンとコンゲスチンで,刺されるたびに抵抗性が弱くなって敏感になり,人命にかかわる場合もある。
→関連項目ポリプ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラゲ【クラゲ(水母) jelly fish】

腔腸動物(刺胞動物)門のヒドロ虫綱Hydrozoaとハチクラゲ綱Scyphozoaの自由遊泳型と有櫛(ゆうしつ)動物Ctenophoraの個体の総称(イラスト)。プランクトンの一員。 体には寒天質の部分がよく発達していて,遊泳生活をするので,直径1mものクラゲもプランクトンの仲間に入れられる。大部分が海産で,淡水や汽水域にすむものはごく少ない。ヒドロ虫綱とハチクラゲ(鉢水母)綱とでは,一生の生活史の中で他物に付着して生活するポリプ型の時代があり,一般にヒドロ虫綱ではポリプ型が大きくてクラゲ型が小さく,ハチクラゲ綱ではポリプ型が小さくてクラゲ型が大きい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクラゲ(水母)の言及

【中国料理】より

…熱湯でもどし酢の物,スープなどに使われる。 海蜇皮クラゲの傘の部分を塩と石灰で漬けたもの。もどして前菜用にする。…

※「クラゲ(水母)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android