コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリム兄弟 グリムきょうだいBrüder Grimm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリム兄弟
グリムきょうだい
Brüder Grimm

(兄) ヤーコプ  Jacob Ludwig Carl   1785.1.4. ハーナウ~1863.9.20. ベルリン 
(弟) ウィルヘルム  Wilhelm Carl   1786.2.24. ハーナウ~1859.12.16. ベルリン 
ともにドイツの文献学者,言語学者。ハイデルベルクのロマン派と密接な関係をもち,A.v.アルニムや C.ブレンターノに刺激を受け,『子供と家庭の童話』 (1812~15) ,『ドイツ伝説集』 Deutsche Sagen (16~18) を兄弟で出版。 1830年兄はゲッティンゲン大学教授,弟は図書館司書,のち教授となったが,同大学の7教授事件に連座して辞職,41年ベルリンに移り,ともにベルリン大学教授となり終生行動をともにした。 38年には膨大な『ドイツ語辞典』 (52~1961) の編纂に着手。また兄のヤーコプは言語学の分野で才能を示し,ヨーロッパ諸言語間における音韻法則,いわゆる「グリムの法則」を発見。これは,のちの学者により補正されはしたが,『ドイツ文法』 Deutsche Grammatik (4巻,1819~37) ,『ドイツ語史』 Geschichte der deutschen Sprache (48) とともに画期的な業績。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グリム(Grimm)

(Jacob~)[1785~1863]ドイツの言語学者・文献学者。の兄。弟とともに「グリム童話」「ドイツ語辞典」などを編集。また、「ドイツ語文法」を著し、ゲルマン語の子音推移の法則(グリムの法則)をたてた。
(Wilhelm~)[1786~1859]ドイツの言語学者・文献学者。の弟。兄とともに編集したもののほかに「ドイツ英雄伝説」などの著書がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

グリム兄弟【グリムきょうだい】

ドイツの文献学者,言語学者兄弟。兄はヤーコプ・グリム〔1785-1863〕,弟はウィルヘルム・グリム〔1786-1859〕。ヘッセンのハーナウに生まれ,ともにカッセルの図書館司書,ゲッティンゲン大学教授を務めた。
→関連項目アルニム蛙の王子ゲッティンゲン七教授事件ゲッティンゲン大学言語学児童文学メルヘン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グリムきょうだい【グリム兄弟】

《グリム童話》で有名なドイツのゲルマン文献学者の兄弟。兄ヤーコプJacob Ludwig Carl Grimm(1785‐1863),弟ウィルヘルムWilhelm Carl Grimm(1786‐1859)。ヤーコプはまた比較言語学創始者の一人。兄弟ともにヘッセンのハーナウに生まれ,ベルリンに死去。早死にした父と同じく法律家を志し,ともにマールブルク大学で法学を学ぶが,歴史法学者サビニーの感化により古いドイツの言語や文学や民俗に興味をそそられ,またロマン派の詩人C.ブレンターノ兄妹やA.vonアルニムとの交友を通して民族的なものへの志向を強め,兄弟相携えてゲルマン文献学の開拓者となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のグリム兄弟の言及

【辞書】より

… ジョンソン博士の辞書は,収録語彙の選定や定義等において主観的な好悪に左右されることがまれではなかった。しかし19世紀に入ると,言語の科学的研究の勃興に呼応して,後述するグリム兄弟の《ドイツ語辞典》(《グリム・ドイツ語辞典》)をはじめとし,辞書編集についても客観性・歴史性が求められることになった。聖職者で言語研究に深い関心を寄せていたトレンチRichard Chenevix Trench(1807‐86)は1857年の言語学協会の会合で,〈英語辞典にみられる若干の欠陥について〉という報告を行い,その中で従来の英語辞典が各語の成長の歴史につき不十分な情報しか与えないことを指摘し,〈歴史的原理〉による大規模な英語辞典編集の必要性を強調した。…

【児童文学】より

…ほぼ1世紀にわたる訓育主義の跋扈(ばつこ)の後に様相は一変する。フランスの文化的優位に対する反発から始まるドイツ・ロマン主義の動きは,自国の土と血に根ざしたものの探求に向かい,そこからC.ブレンターノらの童歌(わらべうた)の収集と,グリム兄弟の《子どもと家庭のための昔話集(グリム童話)》(第1巻1812)が生まれ,つづいて,デンマークでは昔話に美しい空想の翼をあたえたH.C.アンデルセンの《童話集(アンデルセン童話)》,さらにはノルウェーのアスビョルンセンP.C.AsbjørnsenとムーJ.Moeによる民話の収集(1837~44)が現れるのである。以下,各国の歴史をたどる。…

【ワルトブルクの歌合戦】より

…チューリンゲンのワルトブルク城にまつわるドイツの詩人伝説。中世後期以来,年代記,聖人伝等に語り継がれ,グリム兄弟の《ドイツ伝説集》にも収録される。R.ワーグナーの楽劇《タンホイザー》によって一般に知られるが,伝説の原型は,ウォルフラムを崇拝する亜流詩人たちによって13世紀中ごろないし後半に作られたと推定される中世ドイツ語の論争詩に由来する。…

※「グリム兄弟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グリム兄弟の関連キーワードヘンゼルとグレーテルグリム・ドイツ語辞典ドイツ・メルヘン街道ワルトブルクの歌合戦クルックシャンクハクストハウゼン少年の魔法の角笛ハインツェル小僧アスビョルンセンアファナーシエフワイストゥームアウルトナソンM. ロベール眠れる森の美女ガチョウ番の娘グリム兄弟の家こびとの贈り物アウトナソングリム童話集メルヘン街道

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グリム兄弟の関連情報