コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイマフリ ケイマフリ Cepphus carbo; spectacled guillemot

4件 の用語解説(ケイマフリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイマフリ
ケイマフリ
Cepphus carbo; spectacled guillemot

チドリ目ウミスズメ科。全長 37cmの海鳥。夏羽(→羽衣)では,眼のまわりとに接する部分に白斑があり,体のほかの部分は黒褐色。嘴は黒い。脚は鮮赤色で,和名は「赤い足」を意味するアイヌ語からきている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ケイマフリ

ウミスズメ科の鳥。翼長19cm。夏は全身灰黒色で,冬になると頸部と腹面は白色に変わる。脚は赤色。名の由来はアイヌ語ケマフレ(赤い足)による。朝鮮半島東岸,カムチャツカ,千島,サハリン北海道沿岸,本州北部の島で繁殖し,冬はやや南へ移動。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ケイマフリ【spectacled guillemot】

黒い体と赤い脚をした中型のウミスズメ科の鳥(イラスト)。本種の名はアイヌ語のケマフレ(赤い足)に由来している。サハリン,カムチャツカ半島,日本北部など,オホーツク海沿岸で繁殖し,冬もあまり移動しない。日本では北海道と本州北部の海岸に留鳥としてすむ。全長約37cm。夏羽では全身ほとんど黒色で,下面はやや褐色を帯び,眼のまわりは幅広く白く,上下のくちばしの基部に一つずつ小白点がある。くちばしは細くて先がとがり黒色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケイマフリ
けいまふり
sooty guillemotspectacled guillemot
[学]Cepphus carbo

鳥綱チドリ目ウミスズメ科の海鳥。全長37センチメートル。夏羽では全身黒褐色で、目の周囲だけが白い輪になっている。冬羽では体の下面が白色になる。足は赤色。嘴(くちばし)は細い。オホーツク海沿岸の離島や樺太(からふと)(サハリン)、千島列島、日本などに分布し、繁殖している。日本では青森県、北海道の離島などで集団で繁殖し、岩の割れ目などに巣をつくり、普通2卵を産む。餌(えさ)は、潜水してイカナゴやイイダコをとる。ピー、ピーとよくとおる声で鳴く。ケイマフリはアイヌ語で「赤い足」の意味(「ケマ」は足、「フレ」は赤い)である。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケイマフリの関連キーワードカンムリウミスズメ海烏海雀海鳩紅雀海鸚鵡すずめやウミガラス(海烏)ウミスズメ(海雀)マダラウミスズメ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケイマフリの関連情報