コイ(鯉)(読み)コイ

  • コイ(鯉) carp

百科事典マイペディアの解説

コイ科の魚。ユーラシア大陸温帯部に広く分布し,北米,オーストラリアなどでは移殖されたものが野生化している。体長80cmになるが,ふつう40cmほど。フナに似るが4本の口ひげがある。野生種(マゴイ)は体高が小さく体幅が大きく,背は緑褐色,体側は黄金色を帯びる。池や沼,流れのゆるやかな川の中・下流などにすみ,雑食性。淡水魚中,最も重要な食用魚の一つで,養殖も盛ん。鯉こく,あらい,中国料理に喜ばれる。観賞用のニシキゴイ錦鯉)はイロゴイハナゴイなどともいわれ,マゴイの突然変異種を基調として,新潟県山古志地方で育種改良されたもの。おもな品種に赤白・大正三色・昭和三色・浅黄系などがある。ドイツゴイを著しく少なくしたもので,肉が多く,成長の早いのが特徴である。2003年10月に霞ヶ浦でコイヘルペスウイルス(KHV)病による養殖コイの大量死が発生し,その後,各地に被害が拡大した(2004年のKHV感染コイの発見件数910件)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コイ目コイ科の淡水魚(イラスト)。元来はアジアの温帯およびヨーロッパのドナウ川チサ川原産。現在では移殖により北半球では寒冷地を除くヨーロッパのほぼ全土,北アメリカ,東南アジア,南半球ではオーストラリアやニュージーランドでも繁殖している。アメリカ,カナダではフナやソウギョなどと区別するためcommon carpと呼ぶ。平野部を中心とする湖沼河川の中・下流域などにすむ。日本でも高山の湖沼や小面積の島を除くほぼ全土に分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコイ(鯉)の言及

【川魚料理】より

…河川,湖沼などにすむ淡水魚を材料とする料理。コイ,フナ,アユ,ウナギ,ドジョウ,ナマズ,モロコ,ハヤ,ワカサギ,ヒガイ,カジカ,ヤマメ,イワナ,マスなどが多く使われる。近世以前,京都が日本の中心であった時代には,その地理的条件からも川魚が珍重された。…

【魚類】より

…真骨上目の分類体系は最近急激な変化を遂げていて定説なるものがないが,進化の程度により,低位群,中位群,高位群に分けられる。原始的な低位群は大きくオステオグロッサム目,ニシン目,カライワシ目,ウナギ目,ネズミギス目,コイ目,サケ目に分けられる。ウナギ目はレプトセファルス幼期をもつということでカライワシ目と近縁と考えられている。…

※「コイ(鯉)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コイ(鯉)の関連情報