コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コエンザイムQ10 コエンザイムキューテン

3件 の用語解説(コエンザイムQ10の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コエンザイム‐キューテン【コエンザイムQ10】

coenzyme Q10補酵素Qのうち、哺乳類の多くに存在する型。体内の電子伝達系ATPの産生に関与している。食品では魚介類や肉類に多く含まれるが、体内でも生合成され、ベンゾキノン部がフェニルアラニンイソプレン部がアセチルCoAから合成される。抗酸化作用があるとして注目され、健康食品などに配合されているが、安全性・有効性は必ずしも明確にされていない。分子式C59H90O4 補酵素Q10。ユビキノン10。ユビデカレノン。ビタミンQ。CoQ10。UQ10。
[補説]Qはキノン(quinone)の頭文字。10は分子構造に含まれるイソプレン単位の数を表す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

コエンザイムQ10

抗酸化作用のある脂溶性のビタミン様物質ユビキノンの別称。同名はサプリメント剤や化粧品でよく使用される。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

コエンザイムキューテン【コエンザイムQ10】

脂溶性のビタミン様物質のひとつ。強力な抗酸化作用をもち、エネルギー産生に不可欠な補酵素。牛肉、豚肉、牛・豚・鶏などの内臓、魚類、落花生などに多く含まれる。細胞内のミトコンドリアで糖質脂質たんぱく質の代謝に関わる補酵素として機能するほか、免疫機能の増強、細胞膜を酸化から保護して酸素の利用効率を向上、心臓機能の維持・改善、生活習慣病の予防、美肌、冷え症肩こりの改善などさまざまな効果をもつ。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コエンザイムQ10の関連キーワード補酵素Q後件Q規定相反法則(整数論)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コエンザイムQ10の関連情報