コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コガモ コガモ Anas crecca; teal

3件 の用語解説(コガモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コガモ
コガモ
Anas crecca; teal

カモ目カモ科。日本で普通に見られるカモ類のなかでは最小の一種で,シマアジと同大の全長 38cm。雄は,頭部は赤褐色,眼の後方から側頸部に伸びる勾玉形の緑色斑があり,眼先からその斑の縁部は黄白色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コガモ

ガンカモ科の鳥。翼長18cm。雄は頭と頸(くび)は栗(くり)色,背面と脇は白と黒の斑。雌の背面は黒褐色地に赤褐色の斑紋が並ぶ。日本で見られるカモ類中最小。ユーラシア大陸北部,北米北部で繁殖し,冬は南へ渡る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コガモ
こがも / 小鴨
teal
[学]Anas crecca

鳥綱カモ目カモ科の鳥。旧北区の北部に広く繁殖し、温帯に越冬する。日本には、シベリアよりも樺太(からふと)(サハリン)、千島列島、カムチャツカ半島などからの個体群が越冬し、北海道のほか、本州の山地にある沼で繁殖するものがある。大形のマガモに対し代表的な小形の淡水ガモで、広い沼地よりも公園、庭園などの池によく渡来し、草の種子などを食べる。全長37.5センチメートル。雄は目から後方に緑色の光沢ある帯があり、その上下は赤栗(あかぐり)色、胸はクリーム色の地に黒く円い点がある。背は暗灰色で白黒の帯があり、わきには細かい波状斑(はん)、黒い下尾筒の両側にクリーム色の大斑がある。雌は褐色の雌羽色である。アリューシャン列島産はやや大形の亜種とされる。北アメリカには背の白黒帯を欠き、胸側に縦白帯のある亜種アメリカコガモがあり、日本には迷鳥として訪れる。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コガモの関連キーワードカリガネマガモ葦鴨川秋沙鈴鴨嘴広鴨緋鳥鴨頬白鴨ホオジロガモ(頰白鴨)ガンカモ科

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コガモの関連情報