コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ササ(笹) ササSasa; bamboo grass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ササ(笹)
ササ
Sasa; bamboo grass

イネ科の植物で,木質化した長い稈をもつ。日本を中心に朝鮮半島サハリン千島列島に分布する。タケ類と合せて,いわゆるタケ・ササ類とされるが,そのなかでのタケとササの区別は明瞭ではない。根茎は地下を長くはい,稈をまばらに生じる。稈は根茎から直立し,中空の円筒形で節があり高さ 2mほどのものが多い。枝は1つの節から1本ずつ伸びるが,枝を出さないもの (ミヤコザサ) もある。葉は広披針形ないし長楕円形で大きく,平行脈が走り縁には毛があり,稈の先端部に数枚が互生する。葉の基部は鞘に関節し落葉後も鞘は残る。花はまれに咲くものが多く,結実後株全体が枯れるのが普通である。花序は稈の下方および上方より生じ,円錐状で数個から十数個の花を疎生する。大きな群落をつくることが多い。多数の種が知られているが,おもな種として,クマザサアズマザサチマキザサヤダケ,スズタケなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ササ(笹)【ササ】

一般にタケの小型の種類の総称であるが,明確な区別はない。茎を利用するものをタケ,葉を利用するものをササといったといわれる。植物学的には,タケはたけのこの皮(稈鞘)が生長につれて落ちるものをいい,ササは皮が残っていつまでも茎についているものをいう(この区別だと小型なオカメザサがタケとなり,丈の高いメダケやヤダケがササとなる)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ササ【ササ(笹)】

イネ科の多年生植物。タケ科に分けることもある。タケもササも地下茎によって無性繁殖し,まれに花が咲くが花弁はなくよく似ているので,大型のものをタケ,小型のものをササと一般に呼ぶならわしとなっている。タケはたけのこの皮が脱落するが,ササはいつまでも残る。稈(かん)は低く多くは2m以下,節から出る枝も少数で,それに比較的大型の葉をつける。植物学的にはササ属Sasaのほかに,カンチクChimonobambusaメダケPleioblastusヤダケPseudosasa,スズダケ属Sasamorpha,アズマザサ属Arundinariaなどの数属を含み,常緑であるが,種によっては葉の周辺部が冬には白色となって隈の入るものや,大部分の葉を落とすものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のササ(笹)の言及

【搔敷】より

…おもに植物の葉が使われ,とくに檜葉(ひば)やナンテンが多用されたが,まれには羽改敷(はがいしき)といって鳥の羽を切ってひろげ,その上に檜葉を置くというようなものもあった。現在では紙も使われ,またササの葉の利用が多いが,《貞丈雑記》は,ササの葉を搔敷にするのは切腹のときだから,忌むべきものだといっている。【鈴木 晋一】。…

【タケ(竹)】より

…タケ類は,約30属500~1000種以上を含む大きな植物群の一つである。
[タケとササ]
 日本では一般に,大型のものがタケで小型のものがササという類別概念が通用している。常識的にはこの区分でよいが,竹の皮(稈鞘)が稈の完成後に落ちるのをタケとし,永くついているのをササとして両者を区別することもできる。…

※「ササ(笹)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone