コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サロベツ原野 サロベツげんや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サロベツ原野
サロベツげんや

北海道の北端,天塩平野の大半を占める低湿地。天塩川の北方を占め,さらに豊富町幌延町の町界によって北方の上サロベツ原野,南方の下サロベツ原野に分かれる。湖沼群があり,上サロベツ原野には兜沼,下サロベツ原野にパンケ沼,ペンケ沼がある。泥炭地と冷涼な気候条件によって,いまなお未利用地が多い。海岸の砂丘地域は利尻礼文サロベツ国立公園に含まれる。2005年中心部の高層湿地など 25.6km2ラムサール条約に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サロベツ原野【サロベツげんや】

北海道北部,宗谷・留萌(るもい)両地域にまたがり,日本海岸の砂丘の内側にある原野。上サロベツ,下サロベツの2地区に分かれ,未開発の泥炭地が広いが,第2次大戦後開拓が進み,北海道総合開発の一環として土地改良,酪農が行われている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕サロベツ原野(サロベツげんや)


北海道北部、天塩(てしお)川の支流サロベツ川流域の原野。北の上サロベツ原野と南の下サロベツ原野に区分される。稚咲内(わっかさかない)海岸の砂丘列内側にパンケ沼(とう)・ペンケ沼(とう)・兜沼(かぶとぬま)などが点在。面積の70%を占める泥炭湿地にはガンコウラン・エゾイソツツジほか高山植物群落が多く、砂丘に野鳥生息林がある。砂丘海岸と下サロベツ原野の一部は利尻礼文(りしりれぶん)サロベツ国立公園に指定されている。上サロベツ原野の開拓地では酪農が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サロベツ原野
さろべつげんや

北海道北部、日本海沿いに広がる低湿地。宗谷(そうや)総合振興局管内の豊富(とよとみ)町、幌延(ほろのべ)町と留萌(るもい)振興局管内の天塩(てしお)町にまたがる。地名はアイヌ語のサル・オ・ペッ(葭原(よしはら)にある川)による。砂丘列の内側、天塩川最下流部に形成された約146平方キロメートルの泥炭地で、大部分は標高5メートル以下、融雪期には湛水(たんすい)する。1899年(明治32)以来の入植地もあるが、大部分は未開拓であった。1961年(昭和36)国営の実験農場が置かれ、排水工事が進められて、北部は大規模草地となった。利尻礼文(りしりれぶん)サロベツ国立公園に指定されている。また、サロベツ原野は2005年(平成17)に、ラムサール条約登録湿地となった。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサロベツ原野の言及

【天塩平野】より

…留萌(るもい)支庁と宗谷支庁にまたがり,大部分が標高5m以下の低平な原野である。地域的には,天塩川の支流サロベツ川流域で丸山(13m)以北の上サロベツ原野,以南の下サロベツ原野,そして天塩川下流左岸のウブシ原野に分けられる。上・下サロベツ原野の海岸には3~4列の砂丘列が並行して走り,砂丘列の間には細長い小湖沼が連なる。…

【豊富[町]】より

…人口5504(1995)。東は宗谷丘陵西部を占め,西は天塩平野の一部をなすサロベツ原野で兜(かぶと)沼,ペンケ沼(とう)など大小の沼が散在する。宗谷地方で最も酪農が盛んで,1戸当り乳牛約50頭の多頭飼育が行われる。…

※「サロベツ原野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サロベツ原野の関連キーワード人間の条件(五味川純平の小説)日本のラムサール条約登録湿地北海道天塩郡豊富町北海道天塩郡幌延町コモチカナヘビ宗谷(支庁)幌延[町]幌延(町)霧多布湿原豊富[町]豊富(町)宗谷本線ヒシクイ子持金蛇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サロベツ原野の関連情報