コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンクト・ペテルブルグ Sankt Peterburg

世界大百科事典 第2版の解説

サンクト・ペテルブルグ【Sankt Peterburg】

モスクワに次ぐロシア連邦第2の大都市バルト海の東,フィンランド湾奥のネバ川河口のデルタ地帯に位置し,モスクワの北西約650kmにある。市の総面積606.8km2(郊外を含めると1400km2)のうち約10分の1の58km2が水面で,文字通りの〈水の都〉である。市の人口は445万6000(1994)。人口100万以上の世界の大都市のうち最北に位置している。北緯59゜58′にあり,アラスカ南部と等しく,夏季は昼が長い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サンクト・ペテルブルグの関連キーワードグリゴロービチ(Yuriy Nikolaevich Grigorovich)ベルナツキー(George Vernadsky)サンクト・ペテルブルグ・ボリショイ・ドラマ劇場ワース(Alexander Werth)レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団ベルマン(Lazar Berman)ラメ(Gabriel Lamé)チャイコフスキー、光と影レニングラード音楽院エルミタージュ美術館パブロフ生理学研究所白海・バルト海運河トレチヤコフ美術館リュートを弾く若者オルジョニキーゼペトロザボーツククロンシュタットボリショイ劇場レニングラードシテルンベルグ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android