シャモ(軍鶏)(読み)シャモ(英語表記)game fowl

  • シャモ(軍鶏) Japanese game

翻訳|game fowl

世界大百科事典 第2版の解説

日本で改良された闘鶏用のニワトリ(イラスト)。江戸時代の初めにシャム(タイ)から渡来したのでこの名がある。羽色は黒,白,浅黄,猩々(しようじよう)の単色から,白ざさ・金ざさ・碁石などの複色まであり,とさかは三枚冠,耳たぶは赤い。首が長く肩幅広く,姿勢は立っていては太く,精悍(せいかん)な容姿をしている。体の大きさで大・中・の3型にわけられ,大シャモのは7.5kgにもなるが,小シャモは雄でも860gくらいである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシャモ(軍鶏)の言及

【鶏合】より

…鎌倉・室町時代では鶏合は朝廷・幕府における3月上巳の節供の遊興の一つとして楽しまれていたほどである。江戸時代でもシャモ(軍鶏)を闘わせることが民衆の娯楽として行われていたが,賭博類似の行為を生じやすかったため,幕府はしばしば禁令を発していた。闘鶏【二木 謙一】。…

【ニワトリ(鶏)】より

…美しい姿態を楽しむ品種としては小国(しようこく),地鶏(じどり),尾曳(おひき),蓑曳(みのひき),黒柏(くろかしわ),鶉尾(うずらお),比内鶏(ひないどり)(イラスト),地頭鶏(じとつこ),烏骨鶏(うこつけい),チャボ(矮鶏)(イラスト)があるが,蓑羽と尾羽が換羽せずに伸びつづけ,8m以上に達する尾長鶏(イラスト)は世界的に有名である。闘鶏用の品種にはシャモ(軍鶏)(イラスト),薩摩鶏(さつまどり),河内奴(かわちやつこ)がある。これらの17品種はいずれも日本で作出されたもので,天然記念物に指定されている。…

※「シャモ(軍鶏)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android