ジャコブ(François Jacob)(読み)じゃこぶ(英語表記)François Jacob

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャコブ(François Jacob)
じゃこぶ
François Jacob
(1920―2013)

フランスの分子遺伝学者。パリ大学で医学を学ぶが、第二次世界大戦中は学業を中断して自由フランス軍に身を投じ、アフリカ、ノルマンディーと転戦した。戦後パリ大学に復学するも、戦傷のため医学を断念して生物学に転じた。大学卒業後、1950年パリのパスツール研究所に入り、ルウォフの助手として、ウォルマンElie L. Wollman(1917―1980)と共同で大腸菌の遺伝学的研究に従事した。のちにJ・L・モノーらとともに、遺伝子によるタンパク質合成の制御機構としてオペロン説を提唱し(1961)、1965年、モノー、ルウォフとともにノーベル医学生理学賞を受賞した(「酵素とウイルスの合成に関する遺伝的制御の研究」)。ほかにメッセンジャーRNA(伝令RNA)の命名、酵素作用のアロステリック効果の研究、染色体複製の調節機構に関するレプリコン説の提唱(1963)など多くの業績がある。パスツール研究所細胞遺伝学部長(1960)、同理事長(1982)を歴任、コレージュ・ド・フランスの教授(1964~1992)にも任じられた。おもな著書には『細菌の性と遺伝』(1961、ウォルマンと共著)、『生命の論理』(1970)、『可能世界と現実世界』(1982)、『ハエ、マウス、ヒト』(1997)などがある。また『内なる肖像』(1987)は前半生の自伝的著作である。

[檜木田辰彦]

『富沢純一・小関治男訳『細菌の性と遺伝』(1963・岩波書店)』『島原武・松井喜三訳『生命の論理』(1977・みすず書房)』『辻由美訳『内なる肖像――一生物学者のオデュッセイア』(1989・みすず書房)』『田村俊秀・安田純一訳『可能世界と現実世界――進化論をめぐって』(1994・みすず書房)』『原章二訳『ハエ、マウス、ヒト――生物学者による未来への証言』(2000・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android