コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャワ[島](読み)ジャワ

百科事典マイペディアの解説

ジャワ[島]【ジャワ】

インドネシアの主島。Javaとも。大スンダ列島に所属。東西に細長く,多数の火山が並び立つ。最高点スメル山(3676m)。土壌は肥沃。熱帯季節風気候に属し,雨季(11〜3月)と乾季(4〜10月)が明瞭であるが東部ほど雨量は少ない。住民は中部に全体の7割を占めるジャワ人,西部にスンダ人,東部および属島のマドゥラ島にマドゥラ人など。華人,アラブ人の居住者も多い。人口密度は1km2当り約850人で,世界有数。インドネシア人口の60%が居住する。伝統的米作と近代に発達したゴム,茶,コーヒー,その他のプランテーションとにより全島ほとんど開拓され尽くしている。ジャワ原人(ピテカントロプス)の化石発見地で,先史時代から豊かな地として知られる。紀元前後からインド人が移住,インド要素の強いヒンドゥー教,仏教文化が繁栄,ボロブドゥールをはじめ多くの寺院が造営された。13世紀末,東部にヒンドゥー王国マジャパイトが成立し,ヒンドゥー・ジャワ文化の黄金期を迎えた。15世紀ごろイスラムが全島に広がり,マタラム・イスラムなどが興る。17世紀以後オランダ東インド会社が進出し,オランダ領東インドの中心となった。ジャカルタ,スラバヤ,バンドンなどの都市がある。北東岸のマドゥラ島とあわせ,12万7569km2。1億3661万590人(2010)。2006年5月,ジャワ島中部でマグニチュード(M)6.3の地震が発生し,約6000人が犠牲となった。また同年7月にもジャワ島南西沖でM7.7の地震が起こり,津波により500人以上が死亡した。
→関連項目サンギラン初期人類遺跡スンダ[列島]南蛮人パチタン文化マレー[諸島]琉球貿易

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャワ[島]【Jawa】

インドネシア共和国の中心をなす島。大スンダ列島の一つで,東西に細長く(1060km),南北の最大幅は200km。面積12万6500km2で,全インドネシアの約7%にすぎないが,人口は1億1000万をこえ,全国の6割近くを集める(1996)。人口密度も1km2当り850人をこえ,農業中心の島として世界有数の稠密さである。ヒマラヤ構造線の延長がここに現れて島を東西に貫き,同時に多数の火山を伴う。その総数は112に及び,うち35はなお活動を続け,しばしば災害を与える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジャワ[島]の言及

【インドネシア】より

…正式名称=インドネシア共和国Republic of Indonesia面積=190万4569km2人口(1996)=1億9819万人首都=ジャカルタJakarta(日本との時差=-2時間)主要言語=インドネシア語,ジャワ語,スンダ語通貨=ルピアRupiah東南アジアの大国。赤道をはさんでその南北に広がる島嶼(とうしよ)国家である。…

※「ジャワ[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android