コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョウビタキ(常鶲) ジョウビタキ daurian redstart

1件 の用語解説(ジョウビタキ(常鶲)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジョウビタキ【ジョウビタキ(常鶲) daurian redstart】

スズメ目ヒタキ科の鳥(イラスト)。全長約15cm。雌雄異色。雄は頭頂部が銀灰色で,のどとほおは黒く,背は黒褐色で翼によく目だつ白斑がある。胸から腹にかけては鮮やか赤褐色をしている。雌は全体的に灰褐色で,翼に白斑がある。シベリア南東部,沿海州,中国北部などで繁殖し,冬季,日本,中国南部,台湾,東南アジアに渡る。日本には冬鳥として10,11月に全国各地に渡来する。おもに平地や山地の明るい林や耕地,市街地の公園にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジョウビタキ(常鶲)の関連キーワード駒鳥鮫鶲知目鳥紅雀麦蒔き目細虫食葦切

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone