ジンジャー(英語表記)ginger

翻訳|ginger

デジタル大辞泉の解説

ショウガ科の多年草。高さ1~2メートル。葉は大きな長楕円形。7~10月、純白や黄色の花をつける。東南アジアの原産で、観賞用に栽培。花縮砂(はなしゅくしゃ)。 花=秋》「―の香夢覚めて妻在らざりき/波郷
香辛料の一。干したショウガ、またはその

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハナシュクシャとも。インド原産ショウガ科多年草で,花壇・切花用に栽植される。高さ1〜2mのカンナに似た披針形を2列に生し,夏〜茎頂に花穂をつけ,芳香の高い白色の花が多数咲く。東京以北では掘り上げて越冬させ,株分けでふやす。類品に花色の異なるキバナシュクシャ,ニクイロシュクシャなどがある。また香辛料ショウガのこともいう。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ショウガZingiber officinale Rosc.の根茎にはジンギベレーンzingiberene,ジンギベロールzingiberolなどの芳香性の揮発油と,ジンゲロンzingerone,ショウガオールshogaolなどの辛味成分が含まれるので,ジンジャーの名のもとに,香辛料や芳香性健胃薬,またジンジャー・エールなどの清涼飲料に広く用いられる。さらにショウガと同じような芳香辛味成分を有するものも,ジンジャーと呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ショウガ。また、干しショウガの粉。
ショウガ科の多年草。インド・マレー原産。観賞用に栽培。全形はショウガに似るが、秋、葉心から高さ1.5メートルほどの花茎を出し、白または黄色で香りのよい花をつける。花縮砂はなしゆくしや

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のジンジャーの言及

【ハナシュクシャ】より

…花は淡黄色で強い芳香があり,果実は赤色である。 シュクシャ属は園芸上ジンジャーの名で親しまれ,日本でもそのほかいろいろの品種がつくられている。性質などはカンナに似る。…

※「ジンジャー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジンジャーの関連情報