コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカラー すからー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スカラー

1つの数値で示される定数変数のこと。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スカラー

適当な単位をきめれば一つの実数で表すことのできる量。長さ,時間,質量,エネルギー,電荷など。ベクトルテンソルと区別してこういう。数学的には,ベクトルは一次変換によってその成分が変化するが,スカラーはすべての一次変換に対し不変な量で,0階のテンソルに相当する。
→関連項目一次独立勾配

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スカラー【scalar】

最初は物理学において使われた概念であり,適当に単位を定めることによって実数で表すことのできる量,すなわち大きさしかない量をスカラー量あるいは単にスカラーという。ラテン語の階段,または目盛を意味するscalaからきた。長さ,時間,温度,質量,電荷などがスカラーである。これは力のように大きさと方向をもつベクトルと区別するために用いられる概念である。ベクトルは座標を使って数ベクトルとして表示すると座標の一次変換によってその成分が変化するが,スカラーは一次変換によって不変である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スカラー【scalar】

速度のような大きさと向きをもつ量に対して、温度のように大きさだけをもつ量。ベクトルに対して、普通の数。スカラー量。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカラー
scalar

ベクトルテンソルに対する言葉で,単に数値だけで完全に表わされる量。または座標軸の変換に対して不変な量をいう。一般のベクトル空間では,係数体の元をスカラーということもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スカラー
すからー
scalar

実数のことであるが、ベクトルと対比して使われるときにこの名称を用いる。ベクトルが向き(あるいは方向)と大きさをもっているのに対して、スカラーは大きさだけを表す量であり、向きをもたない。たとえば、距離、時刻、温度を数量化したものはスカラーである。スカラー倍、スカラー積などとしてよく用いられる。[高木亮一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスカラーの言及

【スピノル】より

…電子のように1/2のスピンをもつ状態,さらに一般に任意のスピンをもつ状態を表すために導入された量で,スピノルの名もスピンに由来している。三次元空間を回転させたとき,その中の量は回転に伴って変化するが,その変化のしかたによってスカラー,ベクトル,テンソルなどに区別される。変化しないものをスカラーといい,空間内の変位を表す矢印と同じようにふるまうのがベクトルであり,数個のベクトルの積と同じように変化するのが高階のテンソルである。…

※「スカラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スカラーの関連キーワードスカラー型スーパーコンピューターベクトル型スーパーコンピュータークライン‐ゴルドン方程式ブランス‐ディッケ理論ヘルムホルツの分解定理スーパーコンピューターベクトルポテンシャルスカラーポテンシャルスーパースケーラー電磁ポテンシャル重力ポテンシャルスーパースケーラ補仮想仕事の原理ローレンツの条件ダイバージェンススニュートリノスフェルミオンスカラー三重積スカラー演算セレクトロン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スカラーの関連情報