コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼツェッシオン

百科事典マイペディアの解説

ゼツェッシオン

19世紀末ドイツ,オーストリアに相次いで興った芸術運動。〈セセッションSecession〉ともいい,〈分離派〉と訳される。アカデミックな芸術から離れて個性的な創造を目ざした。
→関連項目ウィーン工房シーレ武田五一ディックスブリュッケ分離派建築会ホドラーメシュトロビチロースワーグナー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゼツェッシオン【Sezession】

1890年代にドイツ圏の各地で起こった美術家の運動およびその組織のこと。セセッションともいい,〈分離派〉と訳される。アカデミーを中心とする既存の展覧会に受け入れられない若い世代の美術家たちが,古い体制からの分離,新しい展覧会組織の設立を目指したもので,ミュンヘンウィーンベルリンをはじめ,ライプチヒダルムシュタットなど各地に次々と組織がつくられた。作品の傾向や芸術理念は各作家や地域によってさまざまであったが,いずれも19世紀末から20世紀初頭にかけて世評の支持も受け,ドイツ圏で主導的役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のゼツェッシオンの言及

【アール・ヌーボー】より

…この名は,ドイツ出身の美術商ビングSamuel Bing(1838‐1905)が1895年にパリで開いた,東洋の工芸品や新しいデザインの品を売る店〈アール・ヌーボーL’art nouveau Bing〉にちなむもので,主としてフランスとイギリスで用いられる。ほかにフランスとベルギーではスティル・モデルヌstyle moderne(現代様式),ドイツではユーゲントシュティールJugendstil(青春様式),オーストリアではゼツェッシオン(分離派)など種々の名で呼ばれたが,そこには同質の形態と精神を見いだすことができる。
[時代背景と造形上の特質]
 19世紀には貴族社会が崩壊し,都市化・工業化が進んだ。…

【ウィーン工房】より

…20世紀初頭,ウィーンに設立された工房。19世紀末に,全欧を巻き込んだ新しい芸術創造を目ざす気運の一環としてゼツェッシオン(分離派)が組織されたが,その理念の工芸面における実践を図ろうとしてつくられた。1903年ウィーンの建築家J.ホフマンやモーザーKolo(man) Moser(1868‐1918)らによってウィーン分離派所属の工芸品製作所として設立。…

【コリント】より

…同地でライブルらの写実主義の影響を受けたのち,自由な空気を求めて1900年ベルリンへ移り,ベルリン分離派に加わった。以後,M.リーバーマン,スレーフォークトと並んで,分離派(ゼツェッシオン)を中心とするドイツ印象派の重鎮として活躍。作風は,初期の写実主義的なものから,しだいに色彩・筆致の自由奔放さを示すようになり,とりわけ晩年には表現主義的な画風に近づいた。…

※「ゼツェッシオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゼツェッシオンの関連キーワードチャールズ・R. マッキントッシュイヴァン メシュトロビチフェルナンド クノップフフォト・セセッションアードルフ ロースマッキントッシュオーストリア建築アール・ヌーボーメシュトロビッチストックレー邸ペヒシュタインヤウレンスキーシュトゥックリーバーマンベックマンオルブリヒベーレンス近代建築コリント堀口捨己

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android