コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾーニング ぞーにんぐ

デジタル大辞泉の解説

ゾーニング(zoning)

区分すること。特に、都市計画などで、各地域を用途別に区画すること。
物品・情報・サービスなどの購入や利用を、年齢などによって制限すること。アルコール飲料やタバコの販売制限、性的表現・暴力表現を含む映画やウェブサイトの閲覧制限など。→R指定フィルタリング2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゾーニング【zoning】

〔区分する意〕
都市計画や建築プランなどで、空間を用途別に分けて配置すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ゾーニング【zoning】

➀建物の空間を機能や用途別にまとめて、効率的に配置すること。上下階にわたって垂直的に空間を配置していくことをバーチカルゾーニング、一つの階について水平的に行うことをフロアゾーニングという。住宅設計では、間取りの大まかな計画を立てる際に行う。
➁都市計画で、一定の地域を住居・商業・文教地区などに区分すること。地区ごとに効率のよい環境を保つため、1969(昭和44)年施行の都市計画法により規定・制度化されている。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾーニング
zoning

都市計画や建築設計において,地域や建築物を用途・機能ごとに区分けし,相互の関係を考慮して位置関係を決めること。空間を垂直に配置することをバーティカルゾーニング,水平に配置することをフロアゾーニングという。都市計画法で定められた市街化区域では,住居系・商業系・工業系の用途地域に区分けされ,そこに住宅や工場など機能が異なる建築物を混在させることが規制されているため,ゾーニングは欠かせない。病院の建物を診療部門と入院病棟に分離したり,集合住宅において居住棟と住民コミュニティー施設を分けて設計するのもゾーニングの例。また,個人住宅の建設においても,動線をもとに家の中を区分けするゾーニングが採用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゾーニングの関連キーワード庄内海岸松原再生計画アルコール飲料計画単位開発不健全図書都市交通色彩調節有害図書OA機器

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゾーニングの関連情報