コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タクラマカン砂漠 タクラマカンさばく

百科事典マイペディアの解説

タクラマカン砂漠【タクラマカンさばく】

中国,新疆ウイグル自治区南部,タリム盆地の中央をおおう中国最大の砂漠。漢字では塔克拉瑪干。ウイグル語で〈一度入ったら出られない〉の意。天山山脈崑崙(こんろん)山脈に囲まれ,東西約1000km,南北約400km,面積約32万4000km2
→関連項目西域

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タクラマカンさばく【タクラマカン砂漠 Taklimakan】

中国西北,タリム盆地中央部の砂漠。塔克拉瑪干と漢字表記される。日本の国土にほぼ匹敵する広さをもつ。タクラマカンは,ウイグル語で〈入ると出られない〉の意味。かつての湖底が砂漠になったもので,大半は細かい砂から成り,高さ数十m,高いもので150~200mの砂丘を形成する。また,強い風が砂を動かし,南部では1年のうち約3ヵ月余りは砂が空をおおう。解放後,アクス(阿克蘇)やホータン(和田)などのオアシスから砂漠への水路が建設され,農業の発展がみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タクラマカン砂漠
たくらまかんさばく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タクラマカン砂漠の関連キーワードマルコ・ポーロ中央アジア史天山南北路ヤルカンド安西四鎮タリム川崑崙山脈新疆天山乾燥地帯ヘディン双峰駱駝砂砂漠砂漠化塔里木ニヤ流砂且末楼蘭和闐

タクラマカン砂漠の関連情報