コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タクラマカン砂漠 タクラマカンさばく

4件 の用語解説(タクラマカン砂漠の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

タクラマカン砂漠【タクラマカンさばく】

中国,新疆ウイグル自治区南部,タリム盆地の中央をおおう中国最大の砂漠。漢字では塔克拉瑪干。ウイグル語で〈一度入ったら出られない〉の意。天山山脈崑崙(こんろん)山脈に囲まれ,東西約1000km,南北約400km,面積約32万4000km2
→関連項目西域

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

タクラマカン‐さばく【タクラマカン砂漠】

タクラマカン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タクラマカンさばく【タクラマカン砂漠 Taklimakan】

中国西北,タリム盆地中央部の砂漠。塔克拉瑪干と漢字表記される。日本の国土にほぼ匹敵する広さをもつ。タクラマカンは,ウイグル語で〈入ると出られない〉の意味。かつての湖底が砂漠になったもので,大半は細かい砂から成り,高さ数十m,高いもので150~200mの砂丘を形成する。また,強い風が砂を動かし,南部では1年のうち約3ヵ月余りは砂が空をおおう。解放後,アクス(阿克蘇)ホータン(和田)などのオアシスから砂漠への水路が建設され,農業の発展がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タクラマカン砂漠
たくらまかんさばく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タクラマカン砂漠の関連キーワードコンゴ盆地津山盆地流砂タクラマカンタリム川葉爾羌ロブノールカシュガルタリム盆地ツァイダム盆地

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タクラマカン砂漠の関連情報