タクラマカン砂漠(読み)タクラマカンさばく

  • Tǎkèlāmǎgān Shāmò
  • タクラマカン砂漠 Taklimakan

百科事典マイペディアの解説

中国,新疆ウイグル自治区南部,タリム盆地の中央をおおう中国最大の砂漠。漢字では塔克拉瑪干。ウイグル語で〈一度入ったら出られない〉の意。天山山脈崑崙(こんろん)山脈に囲まれ,東西約1000km,南北約400km,面積約32万4000km2。紀元前後から急速に乾燥化に向かい,かつて栄えた古ホータン,ニヤ楼蘭などの都市は廃虚と化している。この砂漠は19世紀末ヘディンによって探検されるまではほとんど知られていなかった。タリム川沿岸の一部および天山山脈南麓,崑崙山脈麓の一部ではオアシス農業が行われる。
→関連項目西域

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中国西北,タリム盆地中央部の砂漠。塔克拉瑪干と漢字表記される。日本の国土にほぼ匹敵する広さをもつ。タクラマカンは,ウイグル語で〈入ると出られない〉の意味。かつての湖底が砂漠になったもので,大半は細かい砂から成り,高さ数十m,高いもので150~200mの砂丘を形成する。また,強い風が砂を動かし,南部では1年のうち約3ヵ月余りは砂が空をおおう。解放後,アクス(阿克蘇)やホータン(和田)などのオアシスから砂漠への水路が建設され,農業の発展がみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(タクラマカンはTakla Makan) 中国、新疆ウイグル自治区南部のタリム盆地の大部分を占める砂漠。タリム川と崑崙山脈の間に横たわり、古くは東西交通の障害となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

中国新疆 (しんきよう) (シンチヤン) ウイグル自治区南西部,タリム盆地の大半を占める大砂漠
周辺にオアシス都市が発達し,これをつないで東西交通路が開けた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android