コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チック tics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チック
tics

顔面,首,肩などの筋肉群がピクンピクンとけいれん的に収縮を起す現象。幼児に多い。錐体外路系統の障害のこともあるが,多くは心が原因で神経系に症状の生じるもので,運動性神経症の一つと考えられている。意味ありげなまばたき,舌打ち,うなずき,首の回転など,第三者に不快な印象を与えるものが多いが,注意するとますます止まらなくなる傾向がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

家庭医学館の解説

ちっく【チック Tic】

[どんな病気か]
 スピードの速い、くり返される律動的な筋肉の動きで、顔面におこることが多いものです。気になる症状ではあるのですが、日常生活に支障がおこるわけではなく、治療の必要はありません。
 チックの一種にジル・ド・ラ・トゥレット病があります。この場合は、くび、肩、顔面、舌などにチックがおこり、さらに、汚言症(おげんしょう)(汚いことばをはく)、奇声(きせい)などの精神症状をともないます。神経抑制薬のハロペリドールが有効なことがあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チック【tic】

一見,癖のようにみえる,まばたき,顔しかめ,肩すくめなど,身体各部分を動かさずにはいられないような衝動を感じて繰り返される無目的の筋肉運動で,そのほか,鼻を鳴らす,咳払いしゃっくりのような発声,特定の汚い言葉やわいせつな言葉(汚言)をいう,などを伴うこともある。幼児期後半から学童期に発症し,7~9歳の男児に多く,一定の心理的背景から始まるものが少なくない。思春期以降減少するが,成人になっても続くこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チック

( 接尾 )
名詞について、それににているさまを表す形容動詞の語幹をつくる。 「乙女-」

チック【tic】

顔面・頸けい部・肩などの筋が不随意的に急激かつ律動的に収縮を反復する症状。脳や神経の病変によるものと心因性のものがある。チック症。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チック
ちっく
tic

不随意に筋の一部が軽い収縮運動をする場合をいう。器質的な病変による場合もあるが、精神的なストレスないし心理的要因でこのような不随意運動をおこす場合も少なくない。四肢の筋のどこにもおこりうるが、もっとも多いのは顔面チックである。治療としてはなかなか有効な薬剤はないが、トランキライザーや多少精神療法を加味して心理的要因を取り除くのがよい。[里吉営二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チックの関連キーワードリターン・トゥ・フォーエヴァーイルティッシュ号の来た日ハンプティ・ダンプティサンディ ウイリアムスMarchenticトム ブレックラインスティーブ ガッドフィッツジェラルドバニー ブルネルトゥレット症候群バルチックキングクロンシュタットチクタクポルカ運動性チック症ゲイル モランコスメティック子どものチック悲しみよ今日はラスティック音声チック症

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チックの関連情報