コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャン(羌)族 チャンぞくQiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャン(羌)族
チャンぞく
Qiang

中国の四川省北西部に居住するチベット=ビルマ語系の少数民族。人口約 20万 (1990) 。四川省アパチベット (阿 壩蔵) 族チャン () 族自治州が設立されている。古くから文献に出てくる (きょう) の子孫で,かつて青海甘粛,四川西部一帯に広く活動していた遊牧民であるが,漢代にその一部は農業も始めていた。今日ではチベット高原の一部であるカム高原の東端に住み,農業と牧畜を営む。作物は裸麦,とうもろこしが主で,小麦,大麦,そばもつくられる。おもな家畜は羊と牛である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

チャン(羌)族【チャンぞく】

中国,四川省西部の山岳地帯アバ・チベット族チャン族自治州の茂県,【ぶん】川県などに主に居住する民族。言語はチベット・ビルマ語系。中国では古代遊牧民〈羌(きょう)〉の末裔といわれる。
→関連項目プミ(普米)族

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

チャン(羌)族の関連キーワードソンパン(松潘)湿原

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android