コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュウヒ チュウヒ Circus spilonotus; eastern marsh harrier

4件 の用語解説(チュウヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュウヒ
チュウヒ
Circus spilonotus; eastern marsh harrier

タカ目タカ科。全長は雄 48cm,雌 58cm。雌雄異色。雄の羽色には個体差があり,体は灰色で頭部に灰褐色の縦斑があり腰と下面の白いもの,初列風切に黒色横斑があるもの,頭や上面に黒斑があり初列風切の先端が黒いものなどがいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

チュウヒ

体は灰色や茶褐色で、成鳥の全長は雄が約50センチ、雌が約60センチ。翼の先を上げてV字形にして飛ぶのが特徴。多くは冬鳥としてロシアサハリンなど北方から飛来するが、国内にとどまる個体もあり、北海道、石川、岡山県などで繁殖が確認されている。繁殖期は4~7月ごろ。

(2013-12-19 朝日新聞 朝刊 岡山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チュウヒ

タカ科の鳥。翼長40cm。全体に褐色で縦の斑紋があるが,羽色に個体差が大きい。アジア東部で繁殖し,日本では冬鳥であるが,中部以北で少数が繁殖する。ヨシ原の地上に草を積んで営巣し,ネズミカエルを食べる。
→関連項目タカ(鷹)渡良瀬遊水地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チュウヒ
ちゅうひ / 沢
marsh harrier
[学]Circus aeruginosus

鳥綱タカ目タカ科の鳥。ユーラシアの中部で広く繁殖し、冬はすこし南へ移動する。日本にはおもに冬鳥として渡来するが、本州中部地方以北では繁殖するものも少数ある。全長48~58センチメートルの中形種で、足の長いタカである。雄の体は灰色で黒い斑(はん)があり、頭部や背にこの黒斑がとくに多いものもある。腹は白い。雌は褐色で、頭部と胸は淡い。日本で繁殖するものは、北海道、東北地方、石川県などの広い湿原にすみ、地上にアシの茎で巣をつくる。秋から冬にかけては、全国の葦原(あしはら)のある海岸や湿地でみかけることができる。アシの上を低く飛び回って、カエル、ネズミなどを捕食する。習性がチュウヒによく似ているハイイロチュウヒC. cyaneusは、雄は翼の先が黒く全体は青灰色、雌は暗褐色で、ともに腰が白い点でチュウヒと区別される。冬鳥として葦原や湿地に渡来する。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チュウヒの関連キーワードマントヒヒインド孔雀大鮃川秋沙熊鷹琴鳥舞舞蛾薄手火蛾河鹿蛙ムクドリ(椋鳥)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チュウヒの関連情報