コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュウヒ Circus spilonotus; eastern marsh harrier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュウヒ
Circus spilonotus; eastern marsh harrier

タカ目タカ科。全長は雄 48cm,雌 58cm。雌雄異色。雄の羽色には個体差があり,体は灰色で頭部に灰褐色の縦斑があり腰と下面の白いもの,初列風切に黒色横斑があるもの,頭や上面に黒斑があり初列風切の先端が黒いものなどがいる。雌は全身褐色で頭と胸がクリーム色。沼沢地や河口,干拓地,大きな川の河口のアシ原に生息する。地上近くを飛びながら小型の哺乳類,小鳥,ヘビ,カエルなどを捕食する。ロシアのバイカル湖からアムール地方,ウスリー地方,モンゴル,日本にかけての地域と,ニューギニア島に繁殖分布する。北部で繁殖する鳥は中国南部からインドシナ半島フィリピンボルネオ島北部などアジア東部の温帯から熱帯に渡って越冬する。日本にはおもに冬鳥(→渡り鳥)として渡来する。北海道青森県秋田県石川県三重県大阪府福岡県などできわめて少数が繁殖している。(→タカ猛禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

チュウヒ

体は灰色や茶褐色で、成鳥の全長は雄が約50センチ、雌が約60センチ。翼の先を上げてV字形にして飛ぶのが特徴。多くは冬鳥としてロシア・サハリンなど北方から飛来するが、国内にとどまる個体もあり、北海道、石川、岡山県などで繁殖が確認されている。繁殖期は4~7月ごろ。

(2013-12-19 朝日新聞 朝刊 岡山全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

チュウヒ

タカ科の鳥。翼長40cm。全体に褐色で縦の斑紋があるが,羽色に個体差が大きい。アジア東部で繁殖し,日本では冬鳥であるが,中部以北で少数が繁殖する。ヨシ原の地上に草を積んで営巣し,ネズミやカエルを食べる。絶滅危惧IB類(環境省第4次レッドリスト)。チュウヒ類はヨシ原などの沼沢地や草原にすむタカで,翼と尾と足が長いのが特徴。世界に10種おり,日本ではチュウヒのほか,冬鳥のハイイロチュウヒ,旅鳥のマダラチュウヒが見られる。
→関連項目タカ(鷹)渡良瀬遊水地

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チュウヒ
ちゅうひ / 沢
marsh harrier
[学]Circus aeruginosus

鳥綱タカ目タカ科の鳥。ユーラシアの中部で広く繁殖し、冬はすこし南へ移動する。日本にはおもに冬鳥として渡来するが、本州中部地方以北では繁殖するものも少数ある。全長48~58センチメートルの中形種で、足の長いタカである。雄の体は灰色で黒い斑(はん)があり、頭部や背にこの黒斑がとくに多いものもある。腹は白い。雌は褐色で、頭部と胸は淡い。日本で繁殖するものは、北海道、東北地方、石川県などの広い湿原にすみ、地上にアシの茎で巣をつくる。秋から冬にかけては、全国の葦原(あしはら)のある海岸や湿地でみかけることができる。アシの上を低く飛び回って、カエル、ネズミなどを捕食する。習性がチュウヒによく似ているハイイロチュウヒC. cyaneusは、雄は翼の先が黒く全体は青灰色、雌は暗褐色で、ともに腰が白い点でチュウヒと区別される。冬鳥として葦原や湿地に渡来する。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チュウヒの関連キーワードチュウヒ(沢鵟)高野伸二ヒバリ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チュウヒの関連情報