コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テフロクロノロジー tephrochronology

デジタル大辞泉の解説

テフロクロノロジー(tephrochronology)

火山噴火によって噴出された火山砕屑物を用いて、過去の火山活動の規模や歴史を調べる手法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

テフロクロノロジー

火山灰編年学とも。テフラを利用した地質学的編年法。テフラは火山噴火によって地質学的時間としてはごく短時間に広範囲に降り積もる。そのため地層対比の鍵層(かぎそう)としてきわめて有効である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テフロクロノロジー【tephrochronology】

火山灰編年学ともいう。火山の大規模な噴火はごくまれな現象であるが,いったん起こると多量のテフラtephra(火山灰や軽石など)がガスとともに大気中に放出され,広域に広がって堆積する。瞬時に(数時間~数日)広域に分布するというテフラの性質に基づいて,堆積したテフラ層を時間目盛として地史や考古学の編年に使う研究がテフロクロノロジーである。元来,〈テフラ〉は古代ギリシアのアリストテレスが降下火山灰について用いた語であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

テフロクロノロジーの関連キーワードAT火山灰火山灰

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android