コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュカース Dukas, Paul(-Abraham)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュカース
Dukas, Paul(-Abraham)

[生]1865.10.1. パリ
[没]1935.5.17. パリ
フランスの作曲家,教師,評論家。パリ音楽院に学び,母校およびエコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) の作曲科教授として教鞭をとった。また評論や研究をよくし,D.スカルラッティや J.ラモーなどの作品校訂や編曲も行なった。自己に対する批判が極度にきびしく,作品は生前 13曲しか世に出なかったが,ドイツ・ロマン派的手法にフランス的な感性や斬新なアイデアを融合させ,独自の音楽語法をつくりだした。特に『魔法使いの弟子』 (1897) は彼の特質を遺憾なく発揮した作品として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

デュカース

フランスの作曲家。デュカともいう。生地のパリ音楽院(コンセルバトアール)に学び,《交響曲ハ長調》(1896年)などを経て,交響的スケルツォ魔法使いの弟子》(1897年)で作曲家としての地位を確立。
→関連項目アルベニスバラードピストンリパッティロドリーゴ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デュカース【Paul Dukas】

1865‐1935
フランスの作曲家。デュカとも呼ぶ。パリ音楽院に学ぶ。ローマ大賞は逸したが,序曲《ポリュクト》(1891)によって作曲家として成功をおさめた。代表作としては,《交響曲ハ長調》(1896),交響的スケルツォ《魔法使いの弟子》(1897),《ピアノ・ソナタ》(1901),ピアノ曲《ラモーの主題による変奏曲,間奏曲と終曲》(1902),オペラ《アリアーヌと青ひげ》(1906),バレエ曲《ラ・ペリ》(1912)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュカース
でゅかーす
Paul Dukas
(1865―1935)

フランスの作曲家、音楽批評家、教育者で、フランス近代音楽の黄金期を代表する1人。パリに生まれ同地に没。1882年にパリ国立音楽院に入学、同級のドビュッシーと親友になるが、彼とは対照的な作風をもつ。すなわち、印象主義を開拓したドビュッシーとは異なり、デュカースはベートーベン、ワーグナー、フランク、ダンディらの豊かな管弦楽法と、18世紀のラモーの古典精神を継承している。前者の例にはゲーテの詩による交響的スケルツォ『魔法使いの弟子』(1897)、バレエ用の管弦楽曲『ラ・ペリ』(1910)があり、後者を代表する作品は『ラモーの主題による変奏曲・間奏曲・終曲』(1903)である。オペラ『アリアーヌと青ひげ』(1907初演)は、同じメーテルリンク原作のドビュッシーのオペラ『ペレアスとメリザンド』と並ぶ傑作である。パリ国立音楽院、エコール・ノルマルで教え、批評家としても活躍、また『ラモー全集』などの編集にも携わった。[船山信子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デュカースの関連キーワードピストン(Walter Piston)ウォルター ピストンストラビンスキーシェーンベルク印象主義音楽トゥリーナメシアンデュカスファリャミヨー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android