コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウ(籐) トウcane palms

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウ(籐)
トウ
cane palms

ヤシ科のつる性植物 CalamusDaemonoropsなど数属約 200種ほどの総称。は長く伸び,200mにも達するものがあり,種子植物中最長のものといわれる。葉は大型で 1.5~2mになり羽状複葉で互生する。小葉は細長い線形で基部は鞘状,葉の中肋および葉柄に逆向きのとげがあり,また小葉の葉鞘にも小型のとげがあって他物にからみつく。茎は軽く,弾力があり家具,ステッキなど籐細工に用いられる。生産地はマレー半島やインドネシアであるが,籐細工の製造はシンガポール,ホンコンなどが中心である。台湾や中国南部にも自生種がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トウ(籐)【トウ】

ヤシ科の数属のつる性植物の総称。中国南部から東南アジアに多く産する。幹は他の樹木にからまって長くのび,200m近くにも達し,陸上植物中,最も長い。茎は乾燥すると軽くて弾力があり,丈夫なため椅子(いす)などの家具(ラタン・インテリア)や,ステッキなどを作る。
→関連項目繊維作物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トウ【トウ(籐) rattan palm】

トウ属Calamus,キリンケツ属Daemonoropsなど,熱帯に産する数種のつる性ヤシ類の総称(イラスト)。茎は籐いすや籐細工に用いられる。茎はつる性で細く,他の木に巻きついて伸び,長さ60~180mになるものもある。茎には節があって,ここから長い柄のある葉を出す。葉柄の基部は葉鞘(ようしよう)となって茎を抱き,葉は羽状複葉で,先端は通常,むち状に長く伸びる。葉柄や葉鞘,葉の裏面の中肋には太く鋭いとげが下向きに多数あり,また茎にもとげを有するものがあって,これらのとげで他物にからみつく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトウ(籐)の言及

【ヤシ(椰子)】より

…また,この多数の属や種の多くは限定された狭い地域にのみ分布するという,固有性の強い植物群でもある(図)。 幹(茎)は単一で直立するものが多いが,シュロチクのように株立ちになるもの,トウのようにつる性のもの,あるいはニッパヤシ(イラスト)のように地表を横走するものもある。葉は葉鞘(ようしよう),葉柄,葉身の三つの部分に分化しており,しばしば大型となり,ニッパヤシのように10mをこえることもある。…

※「トウ(籐)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

トウ(籐)の関連キーワードDaemonoropsファージンゲールCalamusパニエヤシ科

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android