コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トタン

百科事典マイペディアの解説

トタン

亜鉛めっき鋼板。薄鋼板(厚さ0.198〜2.38mm)に亜鉛をめっきしたもの。トタンの語源としては,ポルトガル語のtutanaga(亜鉛と銅の合金を意味する)に由来するとの説などがある。耐食性がよく,屋根板その他建築に多用。平板,波付板の別があり,後者は生子板(なまこいた)とも呼ばれる。
→関連項目表面処理鋼板ブリキめっき(鍍金)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トタン【galvanized steel sheet】

亜鉛めっきを施した鋼板薄板をいう。古くは亜鉛引き鉄板ともいわれたが,現在では亜鉛めっき鋼板が普通の名称である。亜鉛めっきを英語ではガルバナイジングgalvanizingという。鋼板への亜鉛めっきの製造法には溶融亜鉛めっき法,電気亜鉛めっき法の2法がある。鋼板以外の形材などでは,これらのほかに拡散被覆法(亜鉛の場合はシェラダイジングsheradizingという),溶射法なども併用される。複合防食皮膜の一環として薄い亜鉛めっきを施すには連続電気めっき法が用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トタン

〔ポルトガル語 tutanaga(銅・亜鉛・ニッケルの合金)からともいわれるが未詳〕
〔「トタン板」の略〕 亜鉛をめっきした薄い鋼板。屋根ふき材・外装材などに用いる。亜鉛鉄板。 「 -屋根」 「 -張り」
江戸時代、米相場のこと。 「土場太夫-にまけた男なり/柳多留拾遺」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のトタンの言及

【亜鉛】より

…【柳田 充弘】
[用途]
 上述のように亜鉛はイオン化傾向が大きく,したがって他のイオン化傾向の小さい金属と接触させて水中に置くと,自分が溶け出して,他金属の腐食を防ぐ。このような性質を利用して,どぶ漬亜鉛めっき,トタン,その他防食用に利用される。トタンは,鉄板に薄く亜鉛めっきしたもので,建築用材料その他に広く使用されている。…

※「トタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

トタンの関連キーワードアシャンティの伝統的建築物群やけたトタン屋根の上の猫熱いトタン屋根の上の猫アシュレイ ジャッドランス ヘンリクセンフレッド グウィンフタル酸樹脂塗料アクリル樹脂塗料ネッド ビーティベン ガザーラリップ トーントタンペイントケア ダレー亜鉛びき鉄板とんとん葺きウィリアムズ溶融めっきトタン葺きファベーラ溶融メッキ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トタンの関連情報